W杯でドイツが許した稀な番狂わせ、1994年W杯準々決勝ブルガリア戦

ドイツ代表はW杯において通算4度の優勝および4度の準優勝を誇る。優勝回数こそブラジルに劣るが、毎回上位に顔を出すと言う意味での安定感なら世界一だろう。つまりドイツはとにかく格下の相手に取りこぼさない。

特に1980年~1990年代初めのドイツサッカーは退屈と揶揄されながらも結果だけはしっかり残す無類の強さを発揮した。かつてのイングランドのエースストライカー、リネカーは「サッカーは単純だ。22人がボールを奪い合い、そして最後に勝つのはドイツ」という名言を残すほど、結果を出すという意味でのドイツの強さは際立っていたと言って良い。

しかし、1990年のW杯優勝以降、そのドイツの強さに徐々に陰りが見え始めてきた。その象徴的な敗戦がこの1994年W杯アメリカ大会での準々決勝、ブルガリア戦での敗戦だろう。

この大会のドイツは優勝した1990年イタリア大会とほぼ同様のメンバーを招集し、全く同じ戦術で2連覇を狙った。当時ドイツは有望な若手が育っておらず選手の高齢化が懸念されたが、それでも優勝候補の一角という評価は揺ぎ無かった。暑さに苦しみながらもベスト16では難敵ベルギーをこの大会一番の内容で下し、KOラウンドに入り上り調子であることを伺わせた。

一方当時のブルガリアはストイチコフ、バラコフ、レチコフ、コスタディノフなどを擁した黄金世代だったと言われている。しかし、チームとしての総合力、W杯の実績、経験などを考えればブルガリアは完全なアンダードッグである。W杯において鉄板の安定感を誇るドイツが負けることなどあり得ないと予想された。

試合は1994年7月10日ニューヨークで行われた。このドイツ圧倒的有利で予想された試合、ドイツはこの大会中盤の底で素晴らしい働きを見せているマティアス・ザマーに変えて、攻撃的MFのアンドレアス・メラーをスタメンに起用した。ローテーションの意味合いもあると思うが、守備を固めてくるであろうブルガリアを攻撃力で押し切ろうという布陣だ。

ブルガリアは開始5分、右サイドをショートカウンターから崩し、ストイチコフのグラウンダーのパスを受けたバラコフがゴール正面から決定的なシュートを放つが、これはポストに当たりドイツは事無きを得た。しかし、その後はドイツが当初の予想通り徐々に試合を支配し始める。

ドイツの攻撃の中心は166㎝の小兵、トーマス・へスラーだ。もう一人の攻撃的MFメラーが中央で直線的な動きをするのに対し、へスラーはこの試合頻繁に両サイドに顔を出す。豊富な運動量と高い技術、精度の高いキックでドイツの攻撃をけん引し、ドイツのチャンスはほぼ全てがこのへスラー絡みだ。前半は0-0で終了したが、ドイツが試合をコントロールしている。

そして後半開始早々の48分、ドイツはややラッキーな形で先制する。PA内でロングボールを受けたクリンスマンがレチコフに倒されPKを獲得し、これをマテウスが落ち着いて決めた。これはブルガリアにとってやや厳しい判定だったが、ここでドイツがリードをする事は順当とも言える試合内容だ。

リードしたドイツはその後立て続けにチャンスを演出し、試合を決めにかかる。53分にはこの日出色の出来であるへスラーがゴール正面からミドルシュートを放ち、これはミハイロフの好セーブに阻まれた。60分にはクリンスマンとフェラーのワンツーからDFのヘルマーが決定的なシュートを放つがこれも惜しくも外れる。

最大のチャンスは72分、左サイド深い位置でボールを受けたヘスラーがドリブルでPA内に侵入し、中央バイタルエリアに走りこんできたメラーにグラウンダーでマイナスのパスを出した。メラーはこれをダイレクトで火の出るような強烈なミドルシュートを放ち、このポストの跳ね返りをフェラーが押し込んでドイツが2点目を奪ったかに見えた。しかし、これはフェラーがオフサイドの判定で取り消された。

これはかなり微妙な判定であり、もしもゴールになっていれば試合は決まっていただろう。しかし逆に、ここからはドイツにとって悪夢のような試合展開になる。