ドイツ対スペイン、極めてレベルの高いW杯の前哨戦

金曜日にサッカー国際親善試合ドイツ対スペインを観戦したのでその感想を記しておきたい。両チームともW杯本番では優勝候補と見られており、開幕まで3ヶ月を切った現時点での対戦はまさにW杯の優勝を争う前哨戦とも言えるカードだ。そしてここでは結果だけではなく、内容も求められる。更に相手の研究、メンバー選考の最終テストなども兼ねており、いわば優勝を目指す上で本番前の総合テスト的な位置づけになる。両チームにとっても極めて重要な試合だ。

ドイツは予想通り慣れ親しんだ4-2-3-1のシステムに、本番を想定したベストメンバーと思われるスタメンを送り込んできた。唯一予想外だったのが、2列目の左に当初予想されたサネではなくドラクスラーを起用してきたことだ。一方のスペインも、ラモス、ピケ、イニエスタ、シルバ、イスコなどの錚々たるメンバ―が名を連ねている。ブスケツの名が無いが、ここにはFCバイエルンのチアゴ・アルカンタラが入っている。彼がどれほど巧いかはドイツのファンなら知っているだろう。

試合は開始6分でいきなり動く。左サイドのスローインからバイタルエリアやや左でボールを受けたイニエスタが絶妙のタイミングでフンメルスの逆をつくスルーパスをロドリゴに通し、これを決められた。イニエスタを見張っていたのはケディラだったが、ケディラの寄せが来る前にイニエスタは完璧な速さと精度でパスを出した。この判断の速さと技術には脱帽する他ない。また、フンメルスの意識の逆をつく動きをしたロドリゴも秀逸だった。これは相手を褒める以外にないだろう。

その後同点に追いつきたいドイツは攻勢に出る。直後9分に右サイド深い位置から上げたキミッヒのクロスにFWヴェルナーは僅かに届かない。しかしこの左サイドに流れたボールをドラクスラーがダイレクトでシュートを放つ。これはDFにあたりコーナーキックになったが、このコーナーキックのクリアボールをヘクターがミドルシュートを放ち、これも惜しくも僅かに外れた。ドイツはこの後主に左サイドでボールを保持しながらスペインを攻める。

対するスペインも19分、右サイドでサイドチェンジのボールを受けたイスコは目測を誤ったヘクターを抜き去りPA中央のシウバへ決定的なパスを通すが、これはシルバのトラップが大きすぎてドイツは事なきを得た。この後ドイツはケディラのスルーパスからヴェルナーが惜しいチャンスを得るが、これはオフサイドの判定。両チームとも高いテクニック、素早いコンビネーションで一進一退の攻防が続く、極めてレベルが高く、一瞬たりとも目が離せない好試合である。

前半25分頃から主導権を握り始めたのはスペインだ。スペインは得意の素早いショートパスのコンビネーション、個々の高い技術からドイツを完全に翻弄し始める。特にスペインはイニエスタを中心に左サイドを完全に支配し、そこから次々と中央の決定的な位置にパスを通してくる。ドイツはボールを追いかけ回すが、全く奪い返すことが出来ず完全に自陣深い位置で張り付け状態になった。この見事なパス回しにドイツの観衆からも拍手が沸き起こる。完全にスペインサッカーのデモンストレーションだ。この光景は2010年のW杯準決勝でのスペイン戦を彷彿とさせた。