ドイツ代表が低迷期を抜け出すために掲げた「縦に速いサッカー」

私は日本代表のサッカーを普段見ていない。というか、見たくても見れない。故に日本代表がロシアW杯で結果を残す上で、今回のハリルホジッチの解任にどれ程の正当性があるかはわからない。一つの目標であった予選突破を成功させ、このW杯の2ヶ月前という時期に監督を交代するというのは、常識からはおよそかけ離れていると思うが、もしかしたら予選突破をしてからの日本代表のサッカーは本当に酷かったのかもしれない。

しかし、一つだけ個人的に気になっている事がある。日本代表が新監督のもとハリルホジッチが掲げたとされる「縦に速いサッカー」を継続するかどうかだ。

というのも、この「縦に速いサッカー」というのはドイツ代表が低迷期を抜け出すために2004年当時新監督となったユルゲン・クリンスマンとそのアシスタントであり現監督であるヨアヒム・レーヴが掲げた新たなコンセプトの一つでもあったからだ。

ドイツ代表の伝統的なスタイルは3-5-2のシステムである。3バックのうち2人は相手の2トップをマンマークで追いかけ回し、中央に位置するリベロがその保険としてスペースを埋める。中盤の底の守備的MFはひたすらこぼれ球を拾い、相手のゲームメイカーをシャットアウトする。ボールを奪ったらまずはリベロかゲームメイカーにそれを預け、走力とキックに優れたウィングバックに展開してそのクロスから屈強なFWが得点するというパターンが多かった。

2002年以降は4バックに移行したが、その根本的な戦術に大きな変化はなかった。しかし、2004年のユーロの惨敗し、2年後の2006年の自国W杯に臨むにあたりドイツ代表はその戦術に根本的な改革を迫られた訳だ。

当時のドイツ代表が手本としたのはイングランド、プレミアリーグのサッカーであった。ヨアヒム・レーヴはプレミアリーグの選手に比べ、ブンデスリーガの選手はおよそ平均して1秒ボールを保持する時間が長いとして、選手たちにプレーのスピードアップを求めたと言われる。更に、ボールを奪ってから10秒以内の攻撃が最も得点になる確率が高いと選手たちの前で計算してみせたと言われる。

守備面においても、それまでドイツに根強く残っていたマンマークを基調とした守備から、ゾーンディフェンスへの移行を図った。とりわけ、レーヴはドイツの屈強なストッパーのトレードマークでもあったスライディングタックルをしないよう選手たちに要求した。守備時に正しくスペースを埋めていれば、スライディングタックルは不要だと考えていたからだ。当然、守備から攻撃に移行するには良い体勢でボールを奪う必要がある上に、スライディングタックルはフリーキックを与えるリスクが高い。

要するに当時改革期であったドイツ代表が目指していたのは、まずはゾーンで安定した守備ブロックを構築してから素早い好守の切り替えによるカウンター戦術であった。これが花開いたのが2010年のW杯ベスト16でのイングランド戦だろう。ドイツはこの試合、切れ味鋭いショートカウンターでイングランドを4-1で粉砕した。

日本代表でハリルホジッチが具体的にどのようなサッカーを目指していたのか詳しいことは知らないが、この、カウンターによる縦に速いサッカーに関しては共通する部分があるのではないか。