ドイツ、サウジアラビア相手に幸運な勝利を得てW杯本戦に臨む

昨日はロシアW杯前最後のテストマッチ、サウジアラビア戦がレヴァークーゼンで行われた。この試合を最後にドイツ代表は火曜日、大会が行われるロシアに出発する。当然のことながら、この試合は多くの控え選手をテストした最近のテストマッチとは異なり、本番を想定したメンバーで最後の調整を行う。

具体的にはサウジアラビアのような守備ブロックを固めてくるであろう相手をどのようにして崩すか、そして危険なカウンターをどれ程未然に防ぐことが出来るか、力の劣る国を相手にするグループリーグの試合を想定した試運転になる。

ドイツは直近のテストマッチ、ブラジル、オーストリアに敗戦したことで、本番に臨むに当たりその強さを不安視する声もなくはない。しかし、ドイツの場合本番前3月、5月のテストマッチの結果内容が悪いのはもはやお約束だ。2年前のEURO2016ではイングランド、スロバキアに敗戦、前回のW杯ではポーランド、カメル―ンに引き分け、EURO2012においてはフランス、スイスに敗戦した。このスイス戦に至っては5失点している。

それでも毎回本戦はキッチリベスト4まで進出しているので、これらのテストマッチの結果で不安になる必要は全くない。あくまでテストマッチは本番に向けての課題、意義を明確にして臨むことが重要だ。結果も重要かもしれないが、何も単に気持ちよく勝てばよい訳ではない。

とはいえこの本番前、最後の試合に関してはドイツは毎回良い仕上がり具合を見せてきた。今回もこのサウジ戦で内容の伴った勝利する事により、気分よくロシアに出発したい所だ。

ドイツのスタメンはノイアー、キミッヒ、フンメルス、ボアテング、ヘクター、ケディラ、クロース、ミュラー、ロイス、ドラクスラー、ヴェルナーだ。軽い負傷で休みを取っているエジルが本番ではドラクスラーの代わりに入るだろう。それ以外は、現時点でのベストメンバーでこの試合に臨んだ。

試合はドイツがいきなり前半8分に先制し幸先のよいスタートを切る。中央からやや左サイドで相手守備陣の裏に飛び出したロイスが、キミッヒからの長いパスを中央のヴェルナーに折り返し、これをヴェルナーはゴール至近距離から決めた。ロイスはこの3分後にもポストに当たるミドルシュートを放ち、その後も多くのチャンスに絡む。

サウジは思ったほど激しい守備をしてこず、ドイツの選手は比較的スペースがある中でボールを回すことが出来る。一週間後にロシアとの開幕戦を控えており、それを想定しているのは間違いない。ドイツは前半の中頃になると明らかに攻守ともに軽率なプレーを繰り返すようになり、サウジがカウンターからその身体能力を活かして攻め込む場面が散見されるようになる。同点になってもおかしくないチャンスもあった。

しかし、ドイツは前半も終わりが近づくと再びペースを掴む。左サイド、ヘクターのグラウンダーのクロスから、PA内でロイス―ドラクスラー―ロイス―ドラクスラー―ミュラーという鮮やかなコンビでネットを揺らす。これは不当にオフサイドに判定されてゴールとはならなかった。やや技巧を凝らしすぎな感はあるが、見事なコンビネーションである。その1分後、PA内左に飛び出したヴェルナーが中央に折り返しこれをミュラーが相手DFと競り合いながら押し込んだ(公式にはオウンゴール)。ドイツは2点リードで試合を折り返す。