トニ・クロースとマルコ・ロイス、ドイツをグループリーグ敗退から救う

昨日のスウェーデン戦、W史上初のグループリーグ敗退の危機に瀕するドイツは終了間際の劇的なゴールで勝利し、自力でのグループリーグ突破の望みを繋ぐ事に成功した。

メキシコ戦の内容が余りにも酷かったので、守備を固めてくるスウェーデンに苦戦することは想定内であり、下手をすればドイツが史上初グループリーグ敗退しても不思議ではないと思っていたが、その予想通り非常に厳しい試合となった。後半5分あるロスタイムの終盤、退場者も出した状況で、勝ち越しゴールを挙げたのは奇跡という以外にない。とりあえず個人的に気付いた点を考察してみる。

まず、この試合で注目されたのがスタメンとその布陣だ。これについてはメディアで様々な意見が飛び交い、試合開始間際まで情報が錯綜したが、結局レーヴは4-2-3-1のシステムは変更せずに、合計4人の選手を入れ替えた。

その中でレーヴは遂に10番メスト・エジルを外すというサプライズに出た。W杯、EUROを通じてエジルがスタメンを外れるのは2010年以来である。エジルの起用に関して世間の意見は真っ二つに分かれていたが、レーヴはこの試合に関しては、2列目に縦への動きと得点力を重視した布陣を選択した。エジルに代わってはロイスが大方の期待通り満を持してスタメン出場を果たした。

また、ケディラに代わってルディが中盤の底で先発出場を果たした。ルディはテストマッチでも殆ど起用されておらず、この位置にはギュンドアンの先発出場が有力視されていたので、これは大きなサプライズと言える。ルディは中盤の底から精度の高いパスでゲームをコントロールする司令塔タイプの選手である。厳しいマークが予想されるクロースの負担を軽減し、第2の司令塔としての働きが期待された。

ドイツにとって重要なのは可能な限り中盤でのポゼッションを高め、ピッチを広く使った素早いパス回しで相手を疲弊させる事だ。早い時間帯に先制点を取れれば勿論楽になるが、これは運もある事なので決して焦ってはならない。仮に前半が0-0であっても、しっかりと試合の主導権を握っていれば、相手の集中力、運動量が落ちた後半に勝ち越すチャンスは大きくなる。

そういう意味でも、前半に先制点を許したのはまさに大誤算だったと言えるだろう。しかも、よりによってこの失点の原因になったのはチームの頭脳でもあるトニ・クロースのパスミスだった。まさにチームが崩壊していく姿を見ているようであり、選手の様子からも明らかに動揺が見て取れた。史上初のグループリーグでの敗退はもはや必然にさえ思えた。