日本とドイツ、車の運転におけるルールやマナーの違い

駐車の仕方においても日本とドイツは異なる。というのも、ドイツでは基本的にバックではなく頭から突っ込んで駐車する。これは習慣という以外にも、歩行者や住居、植物に排気ガスや騒音で害を与えない為という理由が挙げられる。これは法律で定められている訳ではないので、狭い駐車場ではバックで停めている車を見かけることもある。

しかし、私有地などでは時折バックでの駐車を禁止している所があるので、基本的に頭から停めたほうが無難なことは間違いない。私の知る限り、駐車の為に欧州車にはカメラではなく前後に距離センサーが付いているのが一般的である。

一方の日本ではほぼ全てのドライバーがバックで駐車する。私はその理由をはっきりとは知らないが、私も日本で運転するときにはそれに倣ってバックで駐車するようにしている。そして、日本の多くの車にも最近ではバックカメラが付いており、有難いことにどんな狭い駐車場でもキッチリと線の中に車が駐車されている。

しかし、この点に関してドイツにはルーズなドライバーも存在し、斜めに線を踏み越えて停めている車を時折見かける。私は毎度これに怒り狂っているが、残念ながらこれも法的な拘束力はない。確かに一般的にドイツの車はサイズが大きいのもあり、やはり狭いスペースに頭から突っ込んで停めようとすると少々面倒な時もある。そういう時はバックで駐車してほしいと思うのだが、慣れていないドライバーも多いのだろう。とは言え、線を踏み越えて駐車するのはこちらでも非常識な行為だと認識している。

そして最後に、当然のことであるが車の走るスピードに関して挙げておこう。ドイツにおいては知っての通りアウトバーンの多くの区間は時速無制限であり、制限があっても工事現場や雨の日でない限り、基本的には時速120キロ程度は出せる。というか出すべきであり、あまりにも遅く走っていると逆に危険である。時速制限なしの区間でも、時速130キロで走ることを推奨されている。一般道でも国道は基本的に時速100キロであり、市街地は時速50キロだ。まあ、これは分かり切ったことだが、日本よりもずいぶん速い。

しかし、日本と大きく異なるのは、基本的にドイツの多くのドライバーは制限時速が設定されている区間はこれを守る点だ。或いは若干オーバーする程度で走る。オービスに引っかかったら高額の罰金を請求され、下手をすれば一発免停になり得るからだ。もちろん少しの許容範囲もあるが、基本的に時速5キロでもオーバーすればオービスは反応する。私自身もこれにはかなり敏感になって走行するので、車のスピードリミッターやクルーズ機能は大いに役立つ。

一方の日本は制限時速こそかなりドイツより遅いが、特に高速道路に関して殆どの車はその制限速度を守ってはいない。一度、日本での走行中にオービスを発見したので、そこでブレーキを少し踏んだが、話にきけば日本のオービスはかなり大幅に制限速度をオーバーしなければ作動しないとの事だった。

それにも当然警察側の理由があるのだろうが、個人的にはそんな殆どハリボテの機械にお金をかけるくらいなら、いっそのこと制限時速を少々あげて、取り締まりを厳しくしたらどうだと思う。車の性能も向上しているだろうから、そちらの方が寧ろ安全かつ効率よく交通が機能するのではないか。もっとも、私はドイツのような速度無制限のアウトバーンが決して良いとは思ってはいない。これはこれで近いうちに廃止されることを望んでいる。