キャリアの正念場を迎えている100年に1人の天才、マリオ・ゲッツェ

誰が言い始めたのか知らないが、ボルシア・ドルトムント所属のマリオ・ゲッツェはドイツサッカー100年に1人の天才(Jahrhunderttalent)と呼ばれていた。確かに、かつてはそう呼ばれるに相応しい神童ぶりを見せていたのは事実だ。若干17歳でブンデスリーガのデビューを飾り、ドルトムントでの2010/11年、続く2011/12年のシーズン優勝の主力選手として活躍した。この時まだ20歳にもなっていない。

更に2010年には若干18歳でドイツ代表のデビューを飾っている。2011年にはブラジルとのテストマッチに先発したゲッツェは鮮やかなパスワークからゴール前に飛び出し、スピードに乗ったドリブルからGKをかわして代表初ゴールを決めた。この時の得点は今でも私の記憶に鮮烈に残っている。狭いスペースでテクニックの高さはもとより、そのプレーの精度の高さ、そしてその冷静さはとても19歳のものとは思えなかった。

[sp-nomi]

[/sp-nomi]

そして20歳にしてドイツの盟主FCバイエルンに移籍した後も、最初の2年は並み居る猛者たちの中でしっかりとローテーションの一員として機能した。そして2014年にはドイツ代表として優勝を決める決勝ゴールも決めている。これはドイツサッカー史における最も重要なゴールの一つとして記録にも記憶にも残り続けるだろう。この時まだ22歳だ。

しかし、現在のゲッツェにはその当時の見る影も無い。2015/2016年にFCバイエルンで出場機会を失い、古巣のドルトムントに復帰したが、かつて鮮烈なデビューを飾り絶対的なスターとなった古巣でもかつての輝きを取り戻す事は出来ていない。そうこうするうちにドイツ代表にも呼ばれなくなり、今回のロシアW杯のメンバーにも候補からも外された。

とりわけ、今年から新たな監督になったルシアン・ファヴレの下では完全なベンチ要員となっており、ブンデスリーガでは一度も出場機会を得られていない。今週行われたCL初戦FCブルージュ戦で今季初のスタメンを飾ったものの、見せ場もなく62分でピッチを退いた。そして、明日のホッフェンハイム戦は遂にベンチからも外されている。現在26歳という年齢的にはサッカー選手として最も充実する時期に差し掛かってきたゲッツェだが、キャリア最大のピンチに陥っていると言っても過言ではないだろう。

[sp-nomi]

[/sp-nomi]

そして、ここまでのゲッツェのキャリアを振り返った時、最大の転機と言えるのはやはり20歳でFCバイエルンへ電撃移籍を敢行した事であろう。この移籍に関してはドルトムントのファンはもちろんの事、世間にも物議を醸す移籍となった。失うものが無い勢いで下克上を実現したドルトムントと、国内ひいては欧州の常勝軍団にまでなったFCバイエルンではプレッシャーのレベルが全く異なるからだ。

その実力は申し分ないとは言え、若干20歳という年齢でFCバイエルンに移籍するのは、誰がどう見ても非常にリスクの高い決断である。これはゲッツェが当時FCバイエルンの新たな監督になるペップ・グアルディオラの下でプレーしたいという強い希望があったからと言われている。

しかし、最終的にはこの移籍は成功したとは言い難い。ゲッツェのFCバイエルンでの3年間の通算成績は159試合中113試合に出場し、34ゴール、24アシストというものだ。これは決して悪くはないが、残念ながらその成績は年ごとに見てみると右肩下がりだ。とりわけ、最後の2015/2016シーズンは20試合の出場に留まり、完全にグアルディオラの信頼を失った。

ゲッツェはDAZNで放映された自身のドキュメンタリー映画において、グアルディオラは「枠の中でしか物事を考えず、人間的なことをなおざりにする印象があった」と暗にその関係が上手く行かなかった事を窺わせている。また、「サッカーにおいて父のような存在だった」クロップとは全く違うタイプの監督であり、その適応が簡単ではなかった事も同時に述べている。

確かに、グアルディオラが戦術狂で野心の塊であり、その人間的な側面に疑問を唱える声はこれが初めてではない。しかし、ビッグクラブの選手起用というのは血も涙もない冷徹なものだ。これまでも何人もの有望な若手がFCバイエルンで出場機会を失いそのキャリアを棒に振った。そのような例は決してFCバイエルンだけではない。寧ろゲッツェの方がサッカー選手として繊細な印象を抱かせる。これといった壁にぶち当たることもなく20歳でFCバイエルンに移籍したのも、やはり早すぎたと言わざるを得ない。