メルケルに替わるCDU党首に選ばれたのは、アンネグレート・クランプ=カレンバウアー

今日はドイツのみならず、世界からも視線の集まるCDUの党大会が行われた。ここで行われる投票によって既に党首から退く事を表明していたアンゲラ・メルケルの党内後継者が決定される。

そして、ドイツの最大与党であるCDUの党首であることはすなわち、近い将来誕生かもしれないドイツの新たな首相の有力候補となる。首相に関してはメルケルは任期期間中はその座に留まるとしているが、新たなCDUの党首が誰になるかによって早めの交替もあり得る。ドイツ、そしてヨーロッパの行く末を占う極めて重要な選挙である。

この選挙戦は無難で堅実、メルケルの希望後継者と言われたアンネグレート・クランプカレンバウアーと、かつてのメルケルのライバルであり、彗星の如く政界へ復帰した実力者フリードリヒ・メルツ事実上の一騎打ちと見られていた。

事前の予想では、各メディア調査でクランプカレンバウアーやや有利と見られていた。しかし、直前のアンケートでタブロイド紙がメルツ有利を報じただけでなく、数名の大物政治家がメルツ支持を表明した事で、この対決は全く予想のつかない緊迫したものになった。そして、まず最初の投票ではクランプカレンバウアー45%、メルツ39%、そしてノーチャンスと目されていたシュパーンが16%の得票率を得た。

ここで予想外に高い得票率を得たのが実は最下位のシュパーンだ。シュパーンはこの戦に既に勝ち目がない事を悟っており、自らの政治的ポジションを明確にし、将来のドイツの展望を多く語り若手層の支持を得たと見られる。敗れたが将来に繋がる健闘だったと言えるだろう。

また、この1回目の投票では誰も単独過半数を得なかったため、勝敗はクランプカレンバウアーとメルツの決選投票に持ち込まれる事になった。数字上は一見するとクランプカレンバウアーが有利に見えるが、保守系に分類されるメルツは同じ保守のシュパーンの票を決選投票で集める可能性が高く、勝負はいよいよ分からなくなった。

そして、緊迫の決選投票ではクランプカレンバウアー51,75%、メルツ48,25%という僅差の結果になった。ジャーナリストによる報告でもこれ程までに緊迫した党大会は経験した事が無いと言うほどだった。

クランプカレンバウアーの演説は、その地味で控えめな外見のイメージを覆す、リーダーとしての強い意思と情熱が伝わってくるものだった一方で、リスクを冒さない極めて堅実な内容だったといえる。つまり、これまで党の要職を務め、昨今の波乱の政界で着実にステップアップしてきた彼女は、派閥を超えて党を纏めるに相応しいチームプレーヤーであると言う事だ。それと同時に、彼女は一部で「ミニ・メルケル」と呼ばれ、単にメルケルのコピー政策を継続するという評価に強い抵抗を示した。