FCバイエルンを袖にできる、フィリップ・ラームの実力と処世術

FCバイエルンのキャプテンであり、ドイツ代表の元キャプテンであるフィリップ・ラームがインタビューで今シーズン限りで現役引退する事を発表した。引退する事自体は噂になっていたので意外性はそれ程無いが、既定路線だと思われていたFCバイエルンのスポーツディレクターの就任も「適切な時期ではない」として断り、引退後は一旦は定職に就かない自由の身になることを表明した。

これらの発表をラームは大袈裟な記者会見などではなく、普通の試合後のインタビューで唐突に行なった。この独断での発表はチームの上層部の意向を無視したもので、チームの関係者は完全に困惑し、世間に物議を醸している。

ラームは20歳そこそこから33歳の現在に至るまで10年以上もFCバイエルンという名門及びドイツ代表でも常に不動のレギュラーであり、キャリアを通して不調に陥る事なく、常に高いレベルでプレーしてきた。更にキャプテンとしてチャンピオンズリーグとW杯も制し、ワールドクラスの選手としての評価を不動のものとしている。

カリスマ監督のグァルディオラをして「ラームほど賢い選手は見た事がない」と言わしめるほど、そのクレバーさには定評がある。まだ引退まで重要な試合が残っているが、その結果如何に関わらず、間違いなくラームは現段階で2000年代ドイツ最高の選手であろう。私の中ではラームは短いスパンで強烈なインパクトを残すというよりも、長いスパンで見た場合の総合点でサッカー史に残る名選手である。

そしてピッチを離れても基本的にはラームはリラックスかつスター然としない発言や態度で好感を持たれており、その外見からも一般には優等生的なイメージがある。しかし、その一方でタイミングを見て物議を醸す発言や行動をこれまでも起こしてきた。そして、これこそがラームの度胸と賢さであり、後で振り返れば見事な処世術と言っても過言ではないと思う。幾つかエピソードがある。

2009年にラームは所属するFCバイエルンのチーム編成及び、選手の獲得方針、確固としたプレー哲学の欠如をインタビューで露骨に批判した。これは当然チーム上層部の逆鱗に触れ、ラームは50000ユーロというクラブ史上最高額の罰金を払う羽目になった。

しかしFCバイエルンはラームの発言が起爆剤になったのか、ここから方針を一変し現在に至る黄金時代を築く事になる。ラーム自身もその中でキャプテンのして絶対的な地位を確立し、その意見が正しかった事が今では証明されていると言って良い。悲願のチャンピオンズリーグを制する事にも成功した。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ