21世紀ドイツ最高の選手にして、レジェンドになったフィリップ・ラーム

土曜日ブンデスリーガ最終節が行われ、既に今シーズン限りでの引退を表明していたフィリップ・ラームが現役生活に終止符を打った。ラームの選手としての偉大さは今更言うまでもない。その実力と実績からいえば2000年代ドイツ最高の選手である事に疑いの余地はなく、それ以前を見ても、選手としてベッケンバウアーやマテウスと肩を並べる伝説的な存在といっても遜色ない。

ラームが21歳でドイツ代表にデビューした2004年はドイツ代表にとって暗黒の年だった。この年、未だ低迷期にあったドイツはテストマッチでルーマニアに1-5で敗れるという衝撃的な敗戦を喫するなど全く調子が上がらず、EURO2004でもグループリーグで惨敗した。その中で、唯一の希望の光として高い評価を得たのがラームだった。

そのラームのプレースタイルは若いころからキャリアを通じて極めて地味だった。そもそもポジションがサイドバックなので注目度は低い。確かにスピード、テクニック、パス能力、キックの精度といったはサッカーに必要な技術、アスリートの能力は高かった。しかし、それぞれの能力をピックアップすれば特別なものではない。ラームが素晴らしかったのは敢えて言えば、頭の良さ、或いはサッカーセンスと言うものであろう。

まず守備面で言えば、ラームは殆どポジショニングのミスと言うものが無い。ラームが裏を取られて相手選手の尻を追いかける場面は殆ど記憶にない。更にファウルをしない選手として有名で、2015年に何とおよそブンデスリーガで1年間ファウル無しという地味ながらおよそ信じられない記録を持っている。ラームのクレバーさを象徴するような記録だ。

私が見た中でラームの決定的なミスは二つ、EURO2008の準決勝のトルコ戦で1対1で相手の突破を許して同点ゴールを許した。但し、この直後ラームは見事なコンビから自ら勝ち越しゴールを決めている。もう一つはEURO2012の準決勝イタリア戦、相手ロングボールの目測を誤りバロテッリに裏を取られ得点を許した。しかし全体的に見れば、2010年あたりからのラームは安定感抜群でその守備は非の打ちどころがないと言える程だった。

更にラームは攻撃面での貢献度は極めて高く、私の印象ではとにかくコンビプレーが上手かった。FCバイエルンでは右のロッベンが得意の中央へのドリブルを開始すると、必ず、もう本当に間違いなくラームがその空いたスペースへ走り込み、相手陣内深くへ切り込んだ。更に中盤の組み立てに参加し攻撃の起点として機能する上に、ワンツーなどを駆使して中央も突破した。

あのペップ・グアルディオラがラームほど賢い選手は見たことがないと言わしめるほど、その頭の良さは際立っていたと言える。これに目を付けたグアルディオラはラームを中盤の底に配置し、チームをコントロールする役割も与えた。このポジションであれば、ラームもあと数年はインターナショナルなレベルでもプレーできたはずだ。

そして、ラームの更に地味ながら素晴らしい点として挙げたいのが、キャリアを通じてスランプと言うものが存在しなかった点だ。とにかく、ラームは試合に出れば悪くても80点以上は出してくれる優等生だった。その選手としての総合力のみならず、長いスパンで安定した実力を発揮した点において、ラーム程の選手はおそらく今後数十年出てこない。