その年で最も醜悪な言葉

ドイツ語

2019年ドイツで最も醜悪な言葉は“Klimahysterie“

2019年最も醜悪な言葉は”Klimahysterie”という、地球温暖化対策運動に参加する人を揶揄する言葉となった。この"Hysterie"と言う言葉で地球温暖化対策に参加する者は全て「精神異常者」というレッテルを貼っている。
ドイツ語

2018年ドイツで最も醜悪な言葉は”Anti-Abschieb-Industrie”

ドイツではその年を象徴する言葉のほかにも、“Unwort des Jahres“と呼ばれる最も醜悪な言葉も選定される。2018年はCSUの大物政治家ドブリントが発した外国人の強制送還に関する言葉が選ばれた。
ドイツ語

2018年のドイツを象徴する言葉は”Heißzeit”

今年のドイツを象徴する言葉は"Heißzeit"に決定し、地球温暖化の影響を肌で感じるものとなった。今夏の異常な暑さを表現していると同時に、Eiszeit"=「氷河期」の対義語としての意味合いもある。
政治

バイエルンは保守王国であることが再確認された州議会選挙

保守CSUの牙城であるバイエルン州議会選挙は環境政党のGrüneが大幅に躍進した。しかし総じてみれば保守政党の得票率は6割を超えており、依然としてバイエルンはドイツでも特に保守的な地域に分類される。
タイトルとURLをコピーしました