その年を象徴する言葉

ドイツ語

2019年ドイツで最も醜悪な言葉は“Klimahysterie“

2019年最も醜悪な言葉は”Klimahysterie”という、地球温暖化対策運動に参加する人を揶揄する言葉となった。この"Hysterie"と言う言葉で地球温暖化対策に参加する者は全て「精神異常者」というレッテルを貼っている。
ドイツ語

2019年のドイツを象徴する言葉は”Respektrente”

2019年のドイツを象徴する言葉は"Respektrente"、"Respekt"は「尊敬」、"Rente"は年金を意味し、直訳すれば「尊敬年金」となる。ここ数年で先鋭化してきた年金受給者の貧困問題に関する言葉になった。
ドイツ語

2018年ドイツで最も醜悪な言葉は”Anti-Abschieb-Industrie”

ドイツではその年を象徴する言葉のほかにも、“Unwort des Jahres“と呼ばれる最も醜悪な言葉も選定される。2018年はCSUの大物政治家ドブリントが発した外国人の強制送還に関する言葉が選ばれた。
生活

ヨーロッパで最悪レベルと言われる、ドイツのモバイルデータ通信環境

新たな高速モバイル通信システム5Gの実用化が話題になりつつあるが、それ以前にドイツは4Gサービスエリアが十分ではない。調査によるとその環境の劣悪さはアルバニア以下という結果となった。
ドイツ語

2018年のドイツを象徴する言葉は”Heißzeit”

今年のドイツを象徴する言葉は"Heißzeit"に決定し、地球温暖化の影響を肌で感じるものとなった。今夏の異常な暑さを表現していると同時に、Eiszeit"=「氷河期」の対義語としての意味合いもある。
ドイツ語

2017年のドイツを象徴する言葉は”Jamaika-Aus”

2017年を象徴する言葉は波乱含みの政局を表現するものとなった。FDP党首リンドナーがジャマイカ連立交渉を頓挫させたインパクトはそれだけ大きかったと言える。
ドイツ語

ドイツの今年を象徴する言葉は”postfaktisch”

日本に流行語大賞というのがあるが、これに当たるものはドイツにもある。ドイツ語では"Wort des Jahres"と呼び、直訳すると「今年の言葉」だ。今年は非常に難解な言葉が選ばれた。
タイトルとURLをコピーしました