アルディ

経済

巨大クラスターによって暴かれた、ドイツ豚肉業界の闇

ドイツ豚肉業界大手テニエスの工場で1550人が感染する巨大クラスターが発生した。感染リスクを軽視した労働環境はもとより、過酷な条件で従業員から搾取する業界のシステムが問題視されている。
経済

遂にメルケルが介入に乗り出した、安すぎるドイツの食料品価格

ドイツの食料品価格は大手4社であるエデカ、レーヴェ、アルディ、リードルが異常な低価格路線を突き進んでおり、一般的な所得に対して異常に低い。この状況に農家や動物保護団体は不満を募らせている。
生活

世界で最も速いと言われる、アルディの驚異的なレジ処理能力

ドイツの激安スーパー、アルディはその低価格を実現する為、徹底的に業務の効率化を図っているが、その代表格がレジ処理である。そのレジ処理は驚異的に速く、1回あたり20〜25秒と言われている。
経済

アルディ、ベルリンで遂に賃貸用住居の建築に乗り出す

高騰する住居価格はドイツの大きな問題の一つだが、アルディがこの状況を利用して住居建築に乗り出した。その激安の賃貸価格にもかかわらず、既にアルディは利益が出るシステムを構築している事が窺える。
経済

ただ安いだけのイメージから脱却して、シェアを回復しつつあるアルディ

異常に安い食料品価格を大量に販売する事によって成功を収めてきたアルディも、ここ数年はシェアを落としつつあった。昨今の景気の良さからドイツ人も食料品によりお金を使うようになったからだ。
経済

安すぎて消費者の怒りを買ってしまった、アルディのステーキ肉

アルディの食料品はとにかく安いが、600gのステーキ肉が1,99ユーロなど安いにも限度がある。この価格は犬の餌よりも安いらしいが、もし本当なら世の中何か間違っていると言わざるを得ない。
経済

アルディ、リードルの隆盛にみる、ドイツ人の異常な効率の良さ

アルディやリードルのようなディスカウントストアの品物はとにかく安い。私から言わせれば、このディスカウントストアはドイツ人の極限まで合理性を追求するビジネスの権化とも言える存在である。