ドイツのクリスマス

文化

コロナ禍のクリスマス、ドイツで人気だったプレゼントは何か

今年はコロナ禍により例年とは異なるクリスマスとなり、プレゼント選びにもその影響が色濃く出た。高級装飾品が低迷し、代わりにスマホのような電子危機、料理用の小道具が良く売れた模様だ。
生活

ドイツ政府と州、クリスマス前まで準ロックダウン措置を延長する

11月の準ロックダウン措置は期待していた程の成果は得られず、ルールは更に厳しくなった上12月20日まで延長された。但しクリスマスから新年までの期間は例外が適用され、若干ルールが甘めになる。
生活

ドイツ政府と州、急遽11月末までの準ロックダウン措置に踏み切る

急激に増加する新型コロナ新規感染者数に際し、急遽11月末までドイツ全土で準ロックダウン措置が決定された。レストランやレジャー、文化施設が閉まる一方で、学校、保育所は引き続き開いたままとなる。
文化

クリスマス・イブにドイツ人は何を食べているのか

ドイツ人にとって最も重要な祝日であり、家族団らんの時であるクリスマスには家庭での美味しい料理が欠かせない。定番料理はガチョウの丸焼きであるが、アンケートによるとローストビーフが一番人気だった。
文化

12月24日のプレゼントの風習は、マルティン・ルターの賜物

元来キリスト教では12月6日に聖ニコラウスが子供たちにプレゼントを与える習慣だった。マルティン・ルターは宗教改革の一環でこれを12月24日にクリストキントが与える形に改め、これが現在では定着した。
文化

12月の休日はクリスマスマーケットに行くのに限る

クリスマスマーケットは例年11月の終わりからクリスマスまでの約4週間、Advent(アドヴェント)と呼ばれる期間にドイツの各都市で開催される。ここでの定番はグリューヴァインと呼ばれるホットワインを飲む事だ。