サッカードイツ代表

サッカー

バイエルンを去る意向のフリック、ドイツ代表監督へ最有力候補となる

FCバイエルン監督のハンジ・フリックが2023年の契約満了を前にして今シーズンでチームを去る意向を伝えた。これでフリックがEURO後の新たなドイツ代表監督となる可能性がかなり高まった。
サッカー

ドイツ、キミッヒを起点とする攻撃でアイスランドに快勝する

カタールW杯予選がスタートしドイツは3-0で勝利して幸先の良いスタートを切った。特に中盤の底から数々の鮮やかなパスを通してチャンスを演出したキミッヒは別格の存在感を見せつけている。
サッカー

ローター・マテウス、新たなドイツ代表監督候補に取り沙汰される

ヨアヒム・レーヴの後を継ぐドイツ代表監督が誰になるか憶測が広まっているが、ここにドイツサッカー史でも3本の指に入るであろうレジェンド、ローター・マテウスの名前が取り沙汰されつつある。
スポンサーリンク
サッカー

ヨアヒム・レーヴ、EURO2021を最後にドイツ代表監督を辞任する

16年間という長きにわたりドイツ代表の監督を務めてきたレーヴがついに退任を発表した。これはレーヴの英断であり、EUROに望むドイツ代表にとっても、国内のファンにとっても朗報だろう。
サッカー

ドイツで最も過小評価された実力派DF、アルネ・フリードリヒ

フリードリヒは守備のスペシャリストとしてドイツ代表82キャップを記録し、強豪国相手の重要な試合で実力を発揮した。多くの人に過小評価された選手だったが、00年代最高のDFの一人である。
サッカー

ドイツ最強の攻撃的リベロ、マティアス・ザマー

マティアス・ザマーは無尽蔵のスタミナと驚異的なスプリント力、高い得点力を兼ね備えた90年代ドイツ最強のリベロである。サッカー史でも数少ないDFとしてのバロンドール受賞者でもある。
サッカー

90年代ドイツ最高のストライカー、ユルゲン・クリンスマン

クリンスマンはドイツ代表108キャップ47ゴールを記録した歴代屈指のFWだ。その実力のみならず、爽やかな外見と数々の鮮やかなゴールで、人気と実力を兼ね備えたレジェンドである。
サッカー

ローター・マテウス 、ドイツ歴代最強のMFにして最後のリベロ

全盛期のローター・マテウスはあらゆる能力が世界トップクラス、完全無欠のセントラルMFだった。キャリアの後半はリベロにポジションを移し、40歳で引退するまで世界トップレベルで活躍した。
サッカー

ドイツ低迷期の大型ボランチ、ディトマール・ハマン

長身MFのハマンは堅実な守備と精度の高いキックを武器に、当時国外で成功した数少ない選手でもある。2005年リバプールでチャンピオンズリーグを制し、ドイツ代表でも59キャップを記録した。
サッカー

2021年のブンデスリーガ、CL、ドイツ代表の展望

今季のブンデスリーガもFCバイエルンの優勝でもはや決まり、CLではドイツ勢が復権しバイエルンには連覇の期待がかかる。一方EUROに臨むドイツ代表は期待薄だが、逆に重圧が少ない事が吉と出るか。