サッカーブンデスリーガ

サッカー

バイエルンを去る意向のフリック、ドイツ代表監督へ最有力候補となる

FCバイエルン監督のハンジ・フリックが2023年の契約満了を前にして今シーズンでチームを去る意向を伝えた。これでフリックがEURO後の新たなドイツ代表監督となる可能性がかなり高まった。
サッカー

2021年のブンデスリーガ、CL、ドイツ代表の展望

今季のブンデスリーガもFCバイエルンの優勝でもはや決まり、CLではドイツ勢が復権しバイエルンには連覇の期待がかかる。一方EUROに臨むドイツ代表は期待薄だが、逆に重圧が少ない事が吉と出るか。
サッカー

ドイツ史上最高額でチェルシーに移籍した、カイ・ハーヴァーツ

今シーズンドイツ史上最高額でチェルシーに移籍したハーヴァーツは21歳、現在ドイツで最も期待されている若手である。エジルのテクニックとバラックの屈強さが融合した「10番」タイプの攻撃的MFである。
スポンサーリンク
サッカー

CL4強 : RBライプツィヒ、パリSGに完敗を喫する

33歳にして既に高い評価を得る監督ナーゲルスマンはドイツの新興クラブRBライプツィヒをCL4強まで導いた。その組織サッカーでスター選手を揃えるパリSGに挑んだが、やはりその壁は厚かった。
サッカー

ヴェルダー・ブレーメン、辛くもブンデスリーガ1部に残留する

かつてはモダンな攻撃サッカーで一時代を築いた名門ブレーメンも今季はブンデスリーガ16位と低迷した。ハイデンハイムとの入れ替え戦を辛くもアウェイゴールルールで逃げ切り、来季の1部残留を決定している。
サッカー

FCバイエルン、DFBカップを制し今季2冠を達成する

2019/2020シーズンのDFBカップの決勝戦が行われ、FCバイエルンがレヴァークーゼンに勝利して2冠を達成した。後半レヴァークーゼンは健闘したが、地力に勝るバイエルンが順当に勝利した試合と言える。
サッカー

シーズン最多アシストを記録した、トーマス・ミュラーの秀逸な判断力

ブンデスリーガ30節が行われ、FCバイエルンのミュラーはシーズン20アシストの新記録を樹立した。ミュラーはその得点力以外にも、ゴール前で確率の高い味方へパスをする判断力がずば抜けて優れている。
サッカー

CL16強:FCバイエルン、アウェイでチェルシーに完勝する

例によって国内では前半戦もたつきながら、後半戦調子を上げてきたFCバイエルン、CL16強はチェルシーとの対戦となった。過大評価は禁物だが、アウェイの1stレグを3-0で勝利し今後に期待を抱かせる内容だった。
サッカー

フンメルスのドルトムント復帰で、ブンデスリーガは面白くなる

FCバイエルンのマッツ・フンメルスが3年ぶりにドルトムント復帰する事が決定した。これはドイツで最も視聴されているニュース“Tagesschau"において一般枠で見出しとなる程の注目度の高い移籍発表となった。
サッカー

ブンデスリーガ2018/2019の王者は、FCバイエルン・ミュンヘン

例年になく緊迫した優勝争いが展開された今年のブンデスリーガであるが、終わってみればバイエルンがドルトムントを振り切って7連覇を果たした。まだカップ戦の決勝が残されているが、ひとまず今シーズンを総括する。