イェンス・シュパーン

政治

健康相イェンス・シュパーン、ドイツ首相への立候補検討を噂される

健康相シュパーンは40歳、ドイツ期待の若手政治家である。CDU党首選でラシェットが当選すれば党内ナンバー2が決定しているが、密かに下克上でドイツ首相の座を狙っているとされ物議を醸している。
生活

ロックダウン緩和後のドイツ、次々と新たな決定が下される

ロックダウン緩和後のドイツは緩んだ雰囲気を引き締めると同時に次々と生活に関わる重要な決定を下した。シュパーンは誤りもある可能性を示唆し理解を求めたが、これ迄のところ9割の国民は政府の対応に納得している。
生活

ドイツで広がりつつある、マスク装着義務化の議論

ドイツでは外出時にマスクをする事は一般的ではないが、旧東ドイツ、テューリンゲン州の都市イェーナはドイツで初めてマスク装着を義務化した。既にオーストリアもスーパーマーケットでのマスク装着を義務化している。
ドイツ語

ベルリンのレストランでは、ドイツ人でも英語で話しかけられるらしい

多くのドイツ人にとって英語は問題ないが、さすがに国内でいきなり英語で話しかけられれば、それは違和感がある。ドイツの若手有力政治家、イェンス・シュパーンがこの状況に噛み付いた。