ドイツのストライキ

交通

コロナ禍で給料UPを求めてストライキを実施したドイツ労働組合Verdi

多くの人がコロナ禍で自らの職に不安を抱く中、Verdiは公共交通機関の職種に対し4,8%の給料UPを求めてストライキを実施した。これでただでさえ渋滞の多いミュンヘンの道路交通は大混乱に陥った。
経済

ドイツ最大の労働組合IGメタル、週4日労働制を提案する

現在ドイツのフルタイム労働時間は週5日、1日8時間である。しかし、コロナ禍を機にドイツ最大の労働組合であるIGメタルは週4日労働制度を提案し、労働相のハイルはこれを検討する意向を示している。
交通

ストライキで飛行機が欠航した場合、利用客にはどんな権利が存在するのか

ドイツでは天候や機材のトラブルの他にも頻繁に「ストライキ」という原因で飛行機が欠航する事があるが、決して泣き寝入りするべきではない。ストライキが理由で飛行機が欠航した際の乗客の権利が当然存在する。
交通

ルフトハンザ、関係のないストライキで800便の欠航を強いられる

一昨年パイロット達のストライキにより、ルフトハンザが連日多くの便を欠航させたことは記憶に新しいが、今度は空港職員のストライキに見舞われた。とは言え今回はルフトハンザの雇用問題ではない。
交通

遂にルフトハンザ・パイロット組合のストライキが無くなりそうだ

2012年以来揉めに揉めたルフトハンザ経営陣とパイロット組合の労使紛争が遂に解決した模様だ。組合側は給料を大幅にUPし、2022年までその条件が保証される一方で、経営側は15%もの人件費を削減できる。
交通

給料が上がったが干される事が決定したルフトハンザ・パイロット

一向に解決の兆しが見えなかったルフトハンザ経営陣とパイロット組合の労使紛争であるが、ひとまず給与面において合意がなされた。しかし、給与アップを勝ち取った組合側も今後は苦しい立場に立たされる。
交通

益々エスカレートする、ルフトハンザ・パイロットのストライキ

ルフトハンザがストライキで欠航するのは今や珍しくも何ともない。世界でも最も安全な航空会社の一つであると思うが、ストライキで欠航するリスクは世界でも最も高いであろう。