ドイツの人種差別問題

生活

ドイツで問題視されている、コロナ禍で蔓延する陰謀論

新型コロナが長引くにつれ世の中に蔓延しているのが陰謀論である。そんな話も単なるフィクションだと思うならまだ良いが、この陰謀論を信じ、それに基づいて行動する人々がドイツにも多く存在する。
政治

ドイツ東部の都市ハレで、ユダヤ人礼拝所が襲撃される

10月9日ユダヤ教で極めて重要なヨム・キプルの祝日にハレにあるユダヤ人礼拝所を襲撃され、ドイツを震撼させた。犯人はテロ組織に属さない単独犯の模様だが、ネットで反ユダヤ人主義に染まり犯行に及んだとされる。
サッカー

メスト・エジル、差別を理由にドイツ代表引退を表明する

ドイツサッカー史上でも最も才能に恵まれた選手の一人が差別を理由に代表を引退するのはあまりにも惜しく、そして不幸な事だ。またエジルが自らを一方的な被害者と考えている点は非常に残念でもある。
サッカー

メスト・エジルをドイツ代表から排除してはならない

ドイツ史上初のグループリーグ敗退はチーム全体の責任であることは言うまでもない。しかし、その責任をエジル一人に擦り付けようとする一部低レベルな批判が存在する。DFBはこの状況からエジルを守れていない。
政治

ドイツに根強く残る反ユダヤ人主義という問題

国内で権威ある音楽の賞である“ECHO“受賞者の反ユダヤ人的な歌詞が問題となっている。ドイツではユダヤ人の保護は国策であるが、現在でも多くのユダヤ人差別主義が残っているといわれる。