ドイツの政治家

交通

ベルリン新空港BER、9年の遅延を経て遂に開港する

数々の有り得ない失敗で開港を断念してきたベルリン新空港であるが、予定から9年の遅延を経て遂に昨日開港した。しかし新型コロナや環境問題など取り巻く状況は厳しく、当面は国からの支援を頼る事になる。
政治

交通相ショイアー、アウトバーン有料化失敗の尋問を「記憶の欠落」で切り抜ける

アウトバーン有料化失敗に関し国会で虚偽の答弁をしたとして辞任の危機に晒されているドイツ交通相ショイアーであるが、議会による調査委員会の尋問で終始「記憶の欠落」を主張して窮地を切り抜けた。
政治

アウトバーン有料化失敗で窮地に立つ、ドイツ交通相アンドレアス・ショイアー

昨年ドイツのアウトバーン有料化はEUによって却下されたが、話はこれで終わりではない。交通相ショイアーはそれ以前に運営会社と契約を済ませていた為、およそ5億6千万ユーロの血税をドブに捨てる事になる。
政治

国会議事堂に旧ドイツ帝国の旗は、ドイツ民主主義への冒涜になる

新型コロナ政策に反対するデモの一部が暴徒化し国会議事堂前で旧ドイツ帝国の旗を振るう騒動となった。ドイツ大物政治家、大統領シュタインマイヤーまでもが怒りのコメントを発する異例の事態となった。
政治

シュパーンを味方に付けたラシェット、CDU党首選で優位に立つ

次期CDU党首選への出馬が注目されていたアーミン・ラシェットだが、現在の健康相であり将来の首相候補とも目されるイェンス・シュパーンとチームを組んで出馬するという驚きの一手を繰り出してきた。
政治

アルミン・ラシェット、突如脚光を浴び始めたドイツの次期首相候補

CDU党首クランプカレンバウアーが辞任を発表し、後任の党首、つまりドイツの次期首相候補議論が再び活発化してきた。現在の一番人気はメルツだが、NRWの首相であるラシェットを過小評価してはならない。
経済

遂にメルケルが介入に乗り出した、安すぎるドイツの食料品価格

ドイツの食料品価格は大手4社であるエデカ、レーヴェ、アルディ、リードルが異常な低価格路線を突き進んでおり、一般的な所得に対して異常に低い。この状況に農家や動物保護団体は不満を募らせている。
政治

混沌としてきている、ポスト・メルケル次期首相レース

2020年はメルケルの後釜となるドイツの次期首相が誰になるのか目処がつく。本来CDUの党首であるクランプカレンバウアーがこの第一候補だったが、度重なる失言などでその評価はガタ落ちとなっている。
政治

AfDの中でも筋金入りの極右と呼ばれる政治家、ビィエルン・ヘッケ

AfDの政治家ビィエルン・ヘッケはその発言内容からしばしばヒトラーと比較される。如何にも冷酷そうな風貌が印象に残るが、政治家になる前は歴史の教員でもあり、現在はテューリンゲン州AfDの代表まで登りつめた。
政治

AfDが大幅に躍進した、ザクセン、ブランデンブルク両選挙

AfDvs既存の民主政党がテーマとなった旧東ドイツのザクセン州、ブランデンブルク州選挙は、予想通りAfDが大幅な躍進を果たしたが、他党が徹底したアンチAfD路線を貫いた結果、最大勢力には至らなかった。