ドイツの空港

交通

ベルリン新空港BER、9年の遅延を経て遂に開港する

数々の有り得ない失敗で開港を断念してきたベルリン新空港であるが、予定から9年の遅延を経て遂に昨日開港した。しかし新型コロナや環境問題など取り巻く状況は厳しく、当面は国からの支援を頼る事になる。
交通

ベルリン新空港、不安視される2020年10月の開港

数々のあり得ない失敗で歴史的失敗プロジェクトの呼び声も高いベルリン新空港の建設だが、ここにきて2020年10月の開港も不安視されている。業を煮やしたドイツ交通省も空港側にこの実現の可否を問い正した。
交通

ストライキで飛行機が欠航した場合、利用客にはどんな権利が存在するのか

ドイツでは天候や機材のトラブルの他にも頻繁に「ストライキ」という原因で飛行機が欠航する事があるが、決して泣き寝入りするべきではない。ストライキが理由で飛行機が欠航した際の乗客の権利が当然存在する。
交通

ミュンヘン空港、保安検査のミスにより大混乱に陥る

丁度夏休みに入り大勢の家族連れがバカンスに出かけるこの日、ミュンヘン空港は一時的に閉鎖となり大混乱に見舞われた。一人の女性が空港の保安検査を潜り抜けて、そのまま行方知れずになってしまったからだ。
交通

ルフトハンザ、関係のないストライキで800便の欠航を強いられる

一昨年パイロット達のストライキにより、ルフトハンザが連日多くの便を欠航させたことは記憶に新しいが、今度は空港職員のストライキに見舞われた。とは言え今回はルフトハンザの雇用問題ではない。
交通

世界の笑い種と化してしまった失敗プロジェクト、ベルリン新空港の建設

2012年にドイツの首都ベルリンに最新の設備を整えた巨大新空港が完成する予定だった。しかし、この巨大プロジェクトは現在になっても完了していないどころか、耳を疑うような数々の失敗が明らかになった。ドイツの歴史的な失敗プロジェクトとして人々に認知されつつある。
交通

保安検査場の長蛇の列で飛行機に乗り遅れた場合、誰の責任になるのか

ある家族がバカンスの為に飛行機に乗るべくミュンヘン空港を利用したところ、セキュリティーチェックの長蛇で飛行機に乗り遅れた。この家族はこれを不服として空港の運営者を訴えた。