ドイツの脱原発

政治

ドイツ、原発を環境に優しい投資先とするEUに猛反発する

新たな経済環境相が緑の党のロベルト・ハベックになった事でドイツは更に反原発色が濃くなったと言える。しかしEUは原発を条件付きで環境に優しい投資先と分類した事で物議を醸している。
政治

16年の長期政権を築いたアンゲラ・メルケル、遂に政界から退く

ドイツ史上2番目となる長期政権を築いたメルケルは数々の危機の中、現代でも賛否両論分かれる大きな決断を下してきた。引退後は自らの政治におけるバイオグラフィーを記す事を明らかにしている。
政治

ドイツ、ノルウェー間の海底電力ケーブル”Nordlink”が開通する

ドイツとノルウェーを結ぶ全長623kmの電力海底ケーブルが公式に開通した。ノルウェーの水力発電、ドイツの太陽光と風力発電、両国間で再生可能エネルギーによる電力受け渡しが可能になる。
政治

ドイツ、コロナパンデミックのお陰で温室ガス削減目標を達成する

ドイツは2020年に温室効果ガス排出量を1990年比で40%削減する事を目標に掲げており、これをコロナパンデミックで一気に進捗して達成した。特にロックダウンによる交通量の激減が大きかったとされる。
政治

フクシマから10年、ドイツの脱原発はどうなっているのか

福島原子力発電所の事故からから10年が経ち、ドイツの脱原発も10年目になる。さまざまな困難や問題が指摘されつつも、2022年には予定通り全ての原子力発電所が停止する手筈となっている。