ドイツサッカー名選手

サッカー

ドイツ最強の攻撃的リベロ、マティアス・ザマー

マティアス・ザマーは無尽蔵のスタミナと驚異的なスプリント力、高い得点力を兼ね備えた90年代ドイツ最強のリベロである。サッカー史でも数少ないDFとしてのバロンドール受賞者でもある。
サッカー

90年代ドイツ最高のストライカー、ユルゲン・クリンスマン

クリンスマンはドイツ代表108キャップ47ゴールを記録した歴代屈指のFWだ。その実力のみならず、爽やかな外見と数々の鮮やかなゴールで、人気と実力を兼ね備えたレジェンドである。
サッカー

ローター・マテウス 、ドイツ歴代最強のMFにして最後のリベロ

全盛期のローター・マテウスはあらゆる能力が世界トップクラス、完全無欠のセントラルMFだった。キャリアの後半はリベロにポジションを移し、40歳で引退するまで世界トップレベルで活躍した。
サッカー

ドイツ低迷期の大型ボランチ、ディトマール・ハマン

長身MFのハマンは堅実な守備と精度の高いキックを武器に、当時国外で成功した数少ない選手でもある。2005年リバプールでチャンピオンズリーグを制し、ドイツ代表でも59キャップを記録した。
サッカー

ドイツ史上最高額でチェルシーに移籍した、カイ・ハーヴァーツ

今シーズンドイツ史上最高額でチェルシーに移籍したハーヴァーツは21歳、現在ドイツで最も期待されている若手である。エジルのテクニックとバラックの屈強さが融合した「10番」タイプの攻撃的MFである。
サッカー

サッカー元ドイツ代表シュルレ、29歳の若さで引退を決断する

左ウィングを主戦場とするシュルレはドイツ代表で57試合に出場し22ゴールを上げており、鋭いドリブルでドイツ代表のスーパーサブとして存在感を発揮した選手だった。29歳での引退は非常に惜しまれる。
サッカー

1990年代ドイツ最高の「10番」、トーマス・ヘスラー

トーマス・ヘスラーは当時のドイツ人選手にしては珍しい小柄な体格と高い技術で記憶に残るレジェンドだ。ドイツ代表101キャップ、35アシストを記録した実力は90年代ドイツ最高の「10番」と言える。
サッカー

シーズン最多アシストを記録した、トーマス・ミュラーの秀逸な判断力

ブンデスリーガ30節が行われ、FCバイエルンのミュラーはシーズン20アシストの新記録を樹立した。ミュラーはその得点力以外にも、ゴール前で確率の高い味方へパスをする判断力がずば抜けて優れている。
サッカー

代表を追放された最強の司令塔、エッフェンベルク

エッフェンベルクはFCバイエルンのキャプテンとしてCLを制し、チームの黄金期を築いたドイツ史上屈指の司令塔である。一方でドイツ代表としては1994年W杯で事件を起こし追放されてしまった。
サッカー

史上初のゴールデンゴールで勝利した、EURO96決勝チェコ戦

EURO96決勝戦に進出したドイツであるが、グループリーグで楽勝したチェコ相手に大苦戦を強いられる。最後はビアホフが史上初のゴールデンゴールを決めて何とか強豪国の面目を保つ事に成功した。