ドイツサッカー名選手

サッカー

ドイツ史上最高額でチェルシーに移籍した、カイ・ハーヴァーツについて

今シーズンドイツ史上最高額でチェルシーに移籍したハーヴァーツは21歳、現在ドイツで最も期待されている若手である。エジルのテクニックとバラックの屈強さが融合した「10番」タイプの攻撃的MFである。
サッカー

サッカー元ドイツ代表シュルレ、29歳の若さで引退を決断する

左ウィングを主戦場とするシュルレはドイツ代表で57試合に出場し22ゴールを上げており、鋭いドリブルでドイツ代表のスーパーサブとして存在感を発揮した選手だった。29歳での引退は非常に惜しまれる。
サッカー

1990年代ドイツ最高の「10番」、トーマス・ヘスラー

トーマス・ヘスラーは当時のドイツ人選手にしては珍しい小柄な体格と高い技術で記憶に残るレジェンドだ。ドイツ代表101キャップ、35アシストを記録した実力は90年代ドイツ最高の「10番」と言える。
サッカー

シーズン最多アシストを記録した、トーマス・ミュラーの秀逸な判断力

ブンデスリーガ30節が行われ、FCバイエルンのミュラーはシーズン20アシストの新記録を樹立した。ミュラーはその得点力以外にも、ゴール前で確率の高い味方へパスをする判断力がずば抜けて優れている。
サッカー

代表を追放された真のワールドクラス、シュテファン・エッフェンベルク

エッフェンベルクはFCバイエルンのキャプテンとしてCLを制し、チームの黄金期を築いたドイツ史上屈指の司令塔である。一方でドイツ代表としては1994年W杯で事件を起こし追放されてしまった。
サッカー

史上初のゴールデンゴールで勝利した、EURO96決勝チェコ戦

EURO96決勝戦に進出したドイツであるが、グループリーグで楽勝したチェコ相手に大苦戦を強いられる。最後はビアホフが史上初のゴールデンゴールを決めて何とか強豪国の面目を保つ事に成功した。
サッカー

驚異的なヘディングの強さを誇ったFW、オリヴァー・ビアホフ

オリヴァー・ビアホフはヘディングの強さなら世界でも歴代屈指のひとりに数えられる。活躍した時期が短く、ドイツ低迷期とも重なったのは不運だったが、当時のセリエAで得点王に輝いた実力を過小評価してはならない。
サッカー

驚異的なスーパーセーブを連発した名GK、オリヴァー・カーン

オリヴァー・カーンは2002年W杯で驚異的なセーブを連発しドイツを準優勝に導いた。その飽くなき向上心と勝利への執着心は一流のプロとして高い評価を得た一方で、奇抜な発言やピッチ上の行動で話題になった選手でもある。
サッカー

ペア・メルテザッカー、ドイツ史上屈指の知性派センターバック

ペア・メルテザッカーはそれまでの屈強なドイツ人DFのイメージを覆す、読みの鋭さで勝負するタイプの大型DFだった。ドイツ代表で2004年から2014年まで104キャップを記録し、W杯も制したレジェンドの一人に数えられる。
サッカー

トルステン・フリングス、バラックに次ぐドイツ低迷期の実力者

トルステン・フリングスはドイツ低迷期を支えた選手の一人だ。地味なプレースタイルながら、その実力、地位は当時のボス、ミヒャエル・バラックに次ぐもので、複数のポジションをこなせる能力も持った守備的MFだった。
タイトルとURLをコピーしました