ドイツ次期首相候補

政治

マルクス・ゼーダー、ドイツ次期首相最有力候補に躍り出る

バイエルン首相ゼーダーが遂にドイツの次期首相へダントツの一番人気に躍り出た。一方これまで有力とされていたNRW首相ラシェットはその新型コロナ対策に懐疑的な意見が多く、大幅に評価を落としている。
政治

シュパーンを味方に付けたラシェット、CDU党首選で優位に立つ

次期CDU党首選への出馬が注目されていたアーミン・ラシェットだが、現在の健康相であり将来の首相候補とも目されるイェンス・シュパーンとチームを組んで出馬するという驚きの一手を繰り出してきた。
政治

アーミン・ラシェット、突如脚光を浴び始めたドイツの次期首相候補

CDU党首クランプカレンバウアーが辞任を発表し、後任の党首、つまりドイツの次期首相候補議論が再び活発化してきた。現在の一番人気はメルツだが、NRWの首相であるラシェットを過小評価してはならない。
政治

混沌としてきている、ポスト・メルケル次期首相レース

2020年はメルケルの後釜となるドイツの次期首相が誰になるのか目処がつく。本来CDUの党首であるクランプカレンバウアーがこの第一候補だったが、度重なる失言などでその評価はガタ落ちとなっている。
政治

CDU党首クランプカレンバウアー、致命的な失言で自らの墓穴を掘る

欧州議会選挙は予想通り緑の党が躍進し、予想通りCDUは大幅に票を落とした。党首クランプカレンバウアーは環境問題で後れを取ったことが自らの失策と認めたが、さらに絶望的な失言で自らの立場を益々悪くしている。
政治

緑の党ロベルト・ハベック、ドイツ政界の新たなスター

緑の党の躍進は、党首にして作家でもあるロベルト・ハベックの存在を抜きにしては語れない。3月末でのZDFの調査によるとハベックはメルケルを抜いてドイツで最も人気の政治家という結果を出した。
政治

メルケルの後継者争いは、クランプカレンバウアーvsメルツの一騎打ち

CDUの新たな党首、すなわち時期ドイツ首相候補は誰になるのか。堅実な「ミニ・メルケル」ことクランプカレンバウアーか、財界から政界へ復帰したカリスマのメルツ、この争いは対照的な2人の一騎打ちとなりそうだ。
政治

メルケルの後釜に座ると目されている2人の政治家

すったもんだの末にメルケルは首相の座に留まる事が決定したが、既にポスト・メルケルが誰になるかの議論は始まっている。現時点ではクランプ=カレンバウアーかシュパーンが有力とされている。
タイトルとURLをコピーしました