ドイツ経済成長率

経済

コロナ禍のドイツ経済はどうなっているのか

ドイツの新型コロナ情勢は過去最大とも言える難局を迎えつつあるが、一方で経済情勢は懸念されていた程深刻では無いことが窺える。ここは一気にシャットダウンで医療崩壊を防ぐ事に注力すべきだ。
経済

ドイツ政府、総額1300億ユーロの景気対策の実施を発表する

コロナ禍で壊滅的な打撃を受けたドイツの今年の予想経済成長率は−6,3%だそうだ。ドイツ政府は減税や子供手当の増額、電気代の一部負担などの景気対策を発表して再スタートを切る事を発表した。
経済

ドイツ、新型コロナ危機に過去最大の経済対策を決定する

新型コロナ対策で現在早急に必要とされているのが、雇用を確保し、国民の生活を破綻させないための経済対策である。ドイツは1560億ユーロの新たな債務を加えた史上最大の財政パッケージを決定した。
経済

遂に現実味を帯びてきた、旧東ドイツ復興連帯税の廃止

日本では増税が間近に迫っているとされるが、ドイツでは近い将来の大型減税が現実味を帯びてきた。1995年より続く、旧東ドイツ復興の為の税金「連帯税」=“Solidaritätszuschlag“が近い将来大部分廃止される運びとなった。
経済

世界でも稀に見る、ドイツ人の貯金好きメンタリティ

空前の好景気が終わったとみられているドイツだが、財務相のショルツは2020年も7年連続で黒字財政を継続する方針を決定した。堅実かつ慎重なドイツ人は伝統的に貯金を好む事でも有名である。
交通

アウトバーン、全区間での時速制限導入が議論される

アウトバーンの7割の区間は時速無制限だが、Co2排出量削減のために全区間に120キロの時速制限導入が議論された。国民は賛成派と反対派がほぼ50%ずつ真っ二つに分かれ、議論は感情的な意見も混じりかなり過熱した。
経済

EU外から労働力を呼び込むべく、新たな移民法の枠組みが承認された

ドイツで以前から叫ばれている専門労働力不足の解決のため、EU外からの外国人にドイツでの就労の門戸が広がりつつある。近い将来、身近な職業でも外国で就職する事は特別な事ではなくなるだろう。
サッカー

2006年「夏のメルヘン」の再来なるか、EURO2024の開催国に決定したドイツ

ドイツでサッカー男子代表チームのビッグトーナメントが開催されるのは、2006年のW杯開催以来である。このW杯は素晴らしい雰囲気と盛り上がりの中、大成功に終わった大会であり、今回のEURO2024開催を歓迎する声も大きい。
経済

ドイツ経済の最大のリスクは、専門教育を受けた労働力不足

以前として好景気が続いているが、一方で専門教育を受けた労働力不足のためドイツの経済成長率は年間0,9%損をしているとされる。この問題の解決は多くの専門教育を受けた外国人を受け入れる事で概ね一致している。
経済

2017年のドイツで最も印象に残った事は、記録的な景気の良さ

リーマンショック以降長期間続いている好景気だが、2017年はその勢いが更に増した1年だった。この好調な経済は来年も更に勢いが増し成長率は2,6%に達するとまで言われている。