ドイツ行政機関

政治

政権の信頼を更に失墜させる、連邦憲法擁護庁長官マーセンを巡る仰天人事

ネオナチによるケムニッツでの暴動で物議を醸すビデオが公開されている。外国人差別者がイスラム系の男性に危害を加えようとしている映像だ。しかし、国内のテロを監視する諜報機関、ドイツ連邦憲法擁護庁長官のマーセンは、何故かこの映像は左翼による陰謀の可能性が高いとした。