ドイツ語文法

ドイツ語

ドイツ語で忌み嫌われる「馬鹿のアポストロフィ」

ドイツ語では地名の短縮や一部の個人名の所有格以外アポストロフィを使用する事は稀である。しかし、世間では正書法を無視した使用も多く、これは「馬鹿のアポストロフィ」と呼ばれて揶揄されている。
ドイツ語

ドイツ語で普段使う時制は、現在形と現在完了形でほぼ足りる

ドイツ語は一般的に英語と似ているが、時制に関してはそれほど厳密ではない。過去形、過去完了、未来形、未来完了形を使う機会は少なく、殆どは現在形と現在完了形に時間を表す語句でカバーできる。
ドイツ語

ドイツ語で極めて重要な要素である、分離動詞の覚え方

ドイツ語には分離動詞という文中で動詞が二つに分裂する厄介なシステムが存在する。ドイツ語初級者にとって重要かつ最大の難関の一つであるが、コツを掴めば芋づる式に理解、表現力を増やす事が可能になる。
ドイツ語

ドイツ語で重要な「理由」「因果関係」を説明する方法

仮に日本で言う屁理屈や言い訳だったとしても、理由を説明する事はドイツ人とコミュニケーションをする上で重要なポイントだ。この場合、接続詞"weil","da","denn"、前置詞"wegen"、副詞"deshalb"などを利用する。
経済

EU外から労働力を呼び込むべく、新たな移民法の枠組みが承認された

ドイツで以前から叫ばれている専門労働力不足の解決のため、EU外からの外国人にドイツでの就労の門戸が広がりつつある。近い将来、身近な職業でも外国で就職する事は特別な事ではなくなるだろう。
ドイツ語

クリスマスと新年を祝う時のドイツ語での言い回し

ドイツではこのクリスマスが1年の総括的な意味を持つので、この時点で今年の御礼や新年に向けての挨拶をなどをする事が多い。幾つかクリスマス、新年の挨拶のバリエーションを紹介したい。
ドイツ語

ドイツ語を英語よりも簡単にしてくれている豊富な合成語について

ドイツ語は英語に比べれば難しいと言われる。しかし、ある程度のレベルに達するとドイツ語の方が簡単になるのではと考えている。その理由の一つに、ドイツ語の持っている豊富な造語力が挙げられる。
ドイツ語

Nein以外のドイツ語での断り方

日本人はイエスかノーかはっきりしないから優柔不断だと言われる。確かにドイツでは断る事は失礼ではないが、当然の事ながら相手や状況に応じたふさわしい断り方というのも存在する。