フィリップ・ラーム

サッカー

ロシアW杯ドイツ惨敗の理由その2 : 真のリーダーの不在

ドイツが負けるのはこれが初めてではない。しかし、その組織がここまで崩壊したのは初めてかもしれない。バラック、ラーム、マテウス、クリンスマン、かつてのドイツにはチームを纏める優秀なリーダーが存在した。
サッカー

ドイツが世界の強豪へ復活の狼煙を上げた、2006年W杯準々決勝アルゼンチン戦

2006年のW杯準々決勝、アルゼンチン戦はドイツサッカー史においても極めて重要な試合になった。戦前の予想を覆す快進撃を続け優勝を目指すドイツであるが、6年間強豪国相手に未勝利である。
サッカー

21世紀ドイツ最高の選手にして、レジェンドになったフィリップ・ラーム

フィリップ・ラームは高い技術、アスリートとしての能力に加え、飛び抜けた知性、安定感を兼ね備えた。更にドイツに新しいキャプテン像を確立し、チームマネジメントにおいても多大な影響を及ぼしている。
サッカー

FCバイエルンを袖にできる、フィリップ・ラームの実力と処世術

フィリップ・ラームが今シーズン限りでの引退を表明した。ラームの選手としての実力は言うまでもないが、ピッチを離れてもその大胆かつ計算された振る舞いでクラブ内でも絶対的な地位を確立した。
タイトルとURLをコピーしました