ミヒャエル・バラック

サッカー

NL第4節:4バックに戻したドイツ、スイスに3失点するも引き分けに持ち込む

ネーションズリーグ第4節ホームにスイスを迎えたドイツだが、久しぶりの4バックは壊滅状態で3失点を喫した。一方の攻撃陣は強力な個人技を活かして3得点を上げ、何とか引き分けに持ち込んだ。
サッカー

代表を追放された真のワールドクラス、シュテファン・エッフェンベルク

エッフェンベルクはFCバイエルンのキャプテンとしてCLを制し、チームの黄金期を築いたドイツ史上屈指の司令塔である。一方でドイツ代表としては1994年W杯で事件を起こし追放されてしまった。
サッカー

トルステン・フリングス、バラックに次ぐドイツ低迷期の実力者

トルステン・フリングスはドイツ低迷期を支えた選手の一人だ。地味なプレースタイルながら、その実力、地位は当時のボス、ミヒャエル・バラックに次ぐもので、複数のポジションをこなせる能力も持った守備的MFだった。
サッカー

ミヒャエル・バラックとヨアヒム・レーヴの浅からぬ因縁

キャプテンとして絶大な権力を持っていたバラックだが、2010年W杯直前の負傷で遂に落日の時が訪れた。しかし、このバラックの処遇は監督のレーヴにとって一筋縄ではいかない厄介な事態に発展する事になる。
サッカー

ロシアW杯ドイツ惨敗の理由その2 : 真のリーダーの不在

ドイツが負けるのはこれが初めてではない。しかし、その組織がここまで崩壊したのは初めてかもしれない。バラック、ラーム、マテウス、クリンスマン、かつてのドイツにはチームを纏める優秀なリーダーが存在した。
サッカー

「戦術はバラック」を確立した、2002W杯予選ウクライナ戦

W杯予選敗退というドイツサッカー史上最大のピンチを救ったのは、他でもないミヒャエル・バラックだ。この試合でドイツは後々まで続く「戦術はバラック」を確立する。
サッカー

ドイツが世界の強豪へ復活の狼煙を上げた、2006年W杯準々決勝アルゼンチン戦

2006年のW杯準々決勝、アルゼンチン戦はドイツサッカー史においても極めて重要な試合になった。戦前の予想を覆す快進撃を続け優勝を目指すドイツであるが、6年間強豪国相手に未勝利である。
サッカー

ドイツ対メキシコ戦で目の当たりにした、レオン・ゴレツカの恐るべき才能

コンフェデ杯準決勝メキシコ戦、ドイツは4-1で勝利した。この日のMOMは文句なしでゴレツカだ。才能は申し分ない。その実力を安定して発揮できれば、近いうちに代表の主力になるだろう。
サッカー

00年代ドイツ最高の選手、「小皇帝」ミヒャエル・バラック

ミヒャエル・バラックはドイツ低迷期唯一のワールドクラスだ。中盤の底からゲームをコントロールしつつ、その強力なヘディングで何度も試合を決定づける得点を決め、当時その存在感は誰が見ても突出していた。
タイトルとURLをコピーしました