メスト・エジル

サッカー

フランク・リベリーの黄金ステーキ事件にみる、スター選手の社会的影響力

FCバイエルンのリベリーは1200ユーロもする黄金のステーキの動画をインスタグラムに投稿し、一部世間からの批判を浴びた。更にそれに対して下劣かつ卑猥な言葉を使って反論した為に、更なる批判に晒されている。
サッカー

2018年のドイツ : ドイツ代表W杯史上初のグループリーグ敗退

4年に1度の国民的イベントであるサッカーW杯、ドイツのグループリーグ敗退を誰が予想しただろうか。バラバラのチームに白けた国内の雰囲気、それに続くメスト・エジルの引退騒動はまさに分断されたドイツを象徴していた。
サッカー

トニ・クロース、代表引退したメスト・エジルを批判する

人種差別を訴えて代表引退をしたエジルについてクロースは踏み込んだ発言をした。エジルの振る舞いとその主張に対する不満が見てとれるが、チームメイトとしての親身さやその功績に対する敬意も示している。
サッカー

メスト・エジル、差別を理由にドイツ代表引退を表明する

ドイツサッカー史上でも最も才能に恵まれた選手の一人が差別を理由に代表を引退するのはあまりにも惜しく、そして不幸な事だ。またエジルが自らを一方的な被害者と考えている点は非常に残念でもある。
サッカー

メスト・エジルをドイツ代表から排除してはならない

ドイツ史上初のグループリーグ敗退はチーム全体の責任であることは言うまでもない。しかし、その責任をエジル一人に擦り付けようとする一部低レベルな批判が存在する。DFBはこの状況からエジルを守れていない。
サッカー

何故メスト・エジルは不当な批判に晒されてしまうのか

世界最高の10番と言われるエジルは長年ドイツ代表不動のトップ下として君臨し、90キャップ、23得点、40アシストを記録している。一方で、そのプレースタイルとドイツ人らしくない振る舞いで批判に晒される事も多い。
サッカー

エジルとギュンドアン、W杯を待つ国民の逆鱗に触れる

ドイツ代表の中心選手エジルとぐギュンドアンは、W杯を前にしてトルコ大統領エルドアンと親密な写真を公開されて物議を醸している。ドイツの価値観に反する政治家の選挙活動を支援したと解釈されるからだ。
タイトルとURLをコピーしました