ヨアヒム・レーヴ

サッカー

NL6節:ドイツ、スペインに歴史的惨敗を喫する

好試合が期待されたNLスペイン戦だが、ドイツは1931年以来となる0-6の歴史的惨敗を喫した。スコア以上に内容は更に酷く、完全に烏合の集と化したドイツは2018年W杯に続くどん底まで突き落とされた。
サッカー

ドイツ、スイス相手に不満の残る内容で引き分ける

勝利が期待されたネーションズリーグ第2節スイス戦だが、ドイツは再び後半に追いつかれ引き分けた。とりわけ後半の終盤はスイスに攻め込まれる場面が相次ぎ、敗北を免れたのは寧ろ幸運と言えるだろう。
サッカー

NL第1節 : ドイツ、後半ロスタイムでの失点でスペインと引き分ける

ネーションズリーグ初戦スペイン戦、ドイツは試合終了直前に同点ゴールを許し1-1で引き分けた。バカンス明けで両チームとも本調子でない事は明らかだったが、後半は手に汗握る好試合となった。
サッカー

バラックに次ぐ低迷期の実力者、トルステン・フリングス

トルステン・フリングスはドイツ低迷期を支えた選手の一人だ。地味なプレースタイルながら、その実力、地位は当時のボス、ミヒャエル・バラックに次ぐもので、複数のポジションをこなせる能力も持った守備的MFだった。
サッカー

退場者を出したドイツ、格下エストニアに苦戦する

本来なら楽勝の筈のエストニア戦は前半14分に退場者を出し、前半終了時にはスタンドから「レーヴ出て行け」のコールが出る苦しい試合となった。この日2得点1アシストのギュンドアンの活躍によってドイツは何とか勝利した。
サッカー

ミュラー、フンメルス、ボアテング、ドイツ代表構想外となる

EURO2020の予選の招集メンバー発表に先立ち、ドイツ代表はこれまでの絶対的主力3名を今後代表に呼ばない方針を明らかにした。この決断はもとより、その発表のタイミングと手法が果たして正しいのか議論を呼んでいる。
サッカー

親善試合ロシア戦 : 若手が躍動し、久しぶりに快勝したドイツ

ライプツィヒにロシアを迎えた親善試合ドイツは3-0で快勝した。バイエルンで定位置を掴みつつあるニャブリ、徐々に代表にフィットしつつあるサネ、19歳にして代表デビューを飾ったカイ・ハーヴァーツが躍動した。
サッカー

NL第3節:ヨアヒム・レーヴ、フランス戦の健闘で解任を免れる

ドイツ代表監督としての進退がかかったと言われるネーションズリーグ、パリでのフランス戦、レーヴはこれまでのシステム、メンバーを完全に変更する賭けに出た。ドイツは結果1-2で敗れたが、予想外の健闘を見せた。
サッカー

ミヒャエル・バラックとヨアヒム・レーヴの浅からぬ因縁

キャプテンとして絶大な権力を持っていたバラックだが、2010年W杯直前の負傷で遂に落日の時が訪れた。しかし、このバラックの処遇は監督のレーヴにとって一筋縄ではいかない厄介な事態に発展する事になる。
サッカー

オランダに惨敗したドイツ、レーヴの進退問題は必至となる

ネーションズリーグのオランダ戦、ドイツはロシアW杯の課題を引きずったまま0-3で完敗した。来年のリーグBへの降格が近づいただけでなく、監督レーヴの進退問題が再燃するのは避けられない状況だ。