ドイツの巨大プロジェクト

政治

フクシマから10年、ドイツの脱原発はどうなっているのか

福島原子力発電所の事故からから10年が経ち、ドイツの脱原発も10年目になる。さまざまな困難や問題が指摘されつつも、2022年には予定通り全ての原子力発電所が停止する手筈となっている。
政治

ここまでは大失敗、ドイツの新型コロナワクチン確保戦略

新型コロナワクチンはパンデミックを終息させる最大の希望であるが、ドイツがEUを通して注文したワクチンはことごとく配送を減らされた。この為接種の進捗が他国に大きく遅れをとっている。
生活

ドイツ政府、新型コロナワクチンの配布戦略を決定する

ドイツのバイオンテックが米ファイザーと開発した新型コロナワクチンが来年初めに実用化される模様だ。重症患者に加え、医療従事者、警察、消防士、保育士などの職に携わる者が優先的に接種を受ける事が可能だ。
スポンサーリンク
交通

ベルリン新空港BER、9年の遅延を経て遂に開港する

数々の有り得ない失敗で開港を断念してきたベルリン新空港であるが、予定から9年の遅延を経て遂に昨日開港した。しかし新型コロナや環境問題など取り巻く状況は厳しく、当面は国からの支援を頼る事になる。
政治

交通相ショイアー、アウトバーン有料化失敗の尋問を切り抜ける

アウトバーン有料化失敗に関し国会で虚偽の答弁をしたとして辞任の危機に晒されているドイツ交通相ショイアーであるが、議会による調査委員会の尋問で終始「記憶の欠落」を主張して窮地を切り抜けた。
政治

アウトバーン有料化失敗で窮地の交通相、アンドレアス・ショイアー

昨年ドイツのアウトバーン有料化はEUによって却下されたが、話はこれで終わりではない。交通相ショイアーはそれ以前に運営会社と契約を済ませていた為、およそ5億6千万ユーロの血税をドブに捨てる事になる。
政治

ロシア暗殺疑惑で停止が検討される巨大プロジェクト「ノルドストリーム2」

ドイツはベルリンで治療されているロシア反体制運動の主導者ナヴァルニーが毒殺未遂に遇ったと断定した。この制裁としてロシアとのガスパイプライン事業、ノルドストリーム2の停止が持ち上がっている。
交通

ドイツのアウトバーン有料化案、差別を理由にEUから却下される

ドイツのドライバーは外国の高速道路料金を払うのに、外国のドライバーはドイツのアウトバーンを無料で利用できる。これをCSUは不公平だと捲し立て、外国人にのみアウトバーン有料化を目論んだ。
交通

ベルリン新空港、不安視される2020年10月の開港

数々のあり得ない失敗で歴史的失敗プロジェクトの呼び声も高いベルリン新空港の建設だが、ここにきて2020年10月の開港も不安視されている。業を煮やしたドイツ交通省も空港側にこの実現の可否を問い正した。
交通

世界の笑い種と化してしまった失敗プロジェクト、ベルリン新空港の建設

2012年にドイツの首都ベルリンに最新の設備を整えた巨大新空港が完成する予定だった。しかし、この巨大プロジェクトは現在になっても完了していないどころか、耳を疑うような数々の失敗が明らかになった。ドイツの歴史的な失敗プロジェクトとして人々に認知されつつある。