ドイツへの移民

経済

巨大クラスターによって暴かれた、ドイツ豚肉業界の闇

ドイツ豚肉業界大手テニエスの工場で1550人が感染する巨大クラスターが発生した。感染リスクを軽視した労働環境はもとより、過酷な条件で従業員から搾取する業界のシステムが問題視されている。
生活

ドイツの人口、過去最高の8300万人となる

ドイツの人口は長らく8200万人と言われていたが、調査によると昨年ドイツの人口は22万7000人増加し史上最高を記録した。旧西ドイツの都市部で外国人が増加し、全ての人口のうち外国人が占める割合は12,2%にまで増加した。
政治

旧東独での難民に対する犯罪確率は、旧西よりも圧倒的に高い

旧西に比べて、過去より外国人との関わりが乏しかった旧東ドイツの州では難民、亡命者に対す犯罪確率は10倍も高くなるともいわれる。理由は東西の経済格差ではなく、外国人への理解や共感の差だとされる。
政治

イギリスからドイツへ国籍を変更する「Brexit移民」が急増している

1933年から45年にかけて多くのユダヤ人がナチスドイツに迫害されてイギリスへ亡命した。しかし現在、多くのその子孫が再びドイツ国籍を取得する動きが活発化している。理由は言うまでもなくBrexitだ。
経済

ドイツ経済の最大のリスクは、専門教育を受けた労働力不足

以前として好景気が続いているが、一方で専門教育を受けた労働力不足のためドイツの経済成長率は年間0,9%損をしているとされる。この問題の解決は多くの専門教育を受けた外国人を受け入れる事で概ね一致している。
政治

「イスラム教はドイツの一部」という発言を巡って繰り返される議論

イスラム教はドイツ社会に属するか否かという堂々巡りの議論が続いている。発端は2010年ドイツ大統領クリスティアン・ヴルフが演説において、イスラム教もドイツの一部となったと発言したことだ。
サッカー

UEFAネーションズリーグの登場で、変わりつつあるサッカー代表戦の在り方

今年のW杯の終了後9月より欧州サッカー代表チームによる新たな国際大会、UEFAネーションズリーグが開催される。非常に複雑かつ難解な大会フォーマットだが、低迷する代表人気の起爆剤になれるだろうか。
政治

難民の流入を制限しても、ドイツへの移民は増えていくだろう

CDUとCSUは難民の受け入れ数を基本的に年間20万人以内に抑える事に合意したが、これは現状では形骸的な措置だ。寧ろ専門性を持った労働力の不足で今後外国人の数は増えていくと思われる。
ドイツ語

ウリ・へーネス、FCバイエルンの選手にドイツ語の義務化を主張

FCバイエルンは言うまでもなく世界一流の選手を集めた多国籍軍団だ。しかし、クラブのボスであるウリ・へーネスは選手たちはロッカールームでもドイツ語を話すべきだと主張し、物議を醸している。
政治

なぜかネオナチの暴力事件が多いザクセン州

旧東ドイツ、ザクセン州は経済的な発展が著しいだけでなく、その教育水準も高いと言われている。一方で、何故か極右による外国人排斥運動や暴力事件が多い地域としても知られている。
タイトルとURLをコピーしました