ドイツの音楽

文化

ユーロビジョン・ソング・コンテストで再び惨敗を喫したドイツ

毎年恒例のESCで昨年4位と言う望外の成功を収めたドイツであるが、今年出場したS!stersは再びブービー賞と低迷した。しかし、特別ゲストで出演したマドンナに比べれば、S!stersは遥かに見るに値した。
文化

ユーロビジョンで4位に食い込み、名誉挽回に成功したドイツ

ドイツは直近3回で最下位、最下位、ブービー賞という壊滅的な成績を収めている。今回この不名誉なレッテルを剥がす為にドイツが送り出したのはミヒャエル・シュルテのYou Let Me Walk Alone”という曲だ。
ドイツ語

ドイツ国歌の歌詞を変えようという動きがある

ドイツ国歌の歌詞が男性的過ぎるとして、その内容を変えようという案が出ている。ヨーロッパでは男女同権への動きが活発なことは、こちらの生活では意識しておくべきポイントだろう。
文化

ドイツがユーロビジョンでどん底な結果しか残せない理由は何か

先のESCで26カ国中25位というどん底の結果を受け、さまざまなメディアでその理由が考察されている。26カ国参加の歌合戦で直近3回の結果が最下位、最下位、ブービー賞という成績は常識では考えられない。
文化

ユーロビジョン3年連続の最下位は免れたが、26カ国中25位に終わったドイツ

2年連続最下位という汚名を返上すべく今回ドイツが送り出したのはLevinaと言うモデル風の歌手だった。しかし、大衆受けを狙ったこの試みはまんまと失敗し、最下位から2番目という屈辱的な結果となった。
政治

フェドカップでナチス時代の国歌が斉唱され、ドイツ選手が激怒する

ドイツ国歌の歌詞は1841年に作詞された「ドイツの歌」のうちの3番である。このうちの1番の歌詞はナチス時代に国歌として使用されたもので、当時の侵略主義を想起させ忌み嫌われている。
文化

ユーロビジョン・ソング・コンテストで2年連続最下位だったドイツ

毎年恒例のESCであるが、前回ドイツは最下位という憂き目にあった。今回送り出したJamie-Lee Kriewitzは最下位はないだろうと予測されたが、終わって見ればほぼぶっちぎりで前回に続く最下位だった。
タイトルとURLをコピーしました