2006ドイツW杯

サッカー

驚異的なスーパーセーブを連発した名GK、オリヴァー・カーン

オリヴァー・カーンは2002年W杯で驚異的なセーブを連発しドイツを準優勝に導いた。その飽くなき向上心と勝利への執着心は一流のプロとして高い評価を得た一方で、奇抜な発言やピッチ上の行動で話題になった選手でもある。
サッカー

2006年「夏のメルヘン」の再来なるか、EURO2024の開催国に決定したドイツ

ドイツでサッカー男子代表チームのビッグトーナメントが開催されるのは、2006年のW杯開催以来である。このW杯は素晴らしい雰囲気と盛り上がりの中、大成功に終わった大会であり、今回のEURO2024開催を歓迎する声も大きい。
サッカー

日本代表監督の就任が噂される、ユルゲン・クリンスマンについて

クリンスマンは低迷するドイツ代表を2006年W杯で3位に導いた実績を持つ。当時の発言から感じられる実直さと情熱、常に新しいものを取り入れようとする姿勢、断固とした信念の強さなどには好印象を抱いている。
サッカー

00年代ドイツ代表のベストマッチ、06年W杯準決勝イタリア戦

国内のテレビ視聴率84%という記録的な数値を出したこの試合、ドイツは延長の末0-2で敗れた。しかし、持てる力を出し切ったドイツは「心のチャンピオン」として国民の記憶に残っている。
サッカー

ドイツ代表が低迷期を抜け出すために掲げた「縦に速いサッカー」

ハリルホジッチが重視したとされる縦への速さは、かつて低迷に喘いだドイツ代表も重視したポイントだ。ヨアヒム・レーヴはボールを奪ってから10秒以内の攻撃が最も得点確率が高いとした。
サッカー

2006年のドイツ代表はチームの危機に際してどのように対応したか

W杯直前に監督を解任した日本代表は危機的な状況である事を窺わせるが、似たような状況は2006年ドイツ代表にもあった。この時ドイツは監督クリンスマンを解任せず本大会で成功を収めた。
サッカー

ドイツが世界の強豪へ復活の狼煙を上げた、2006年W杯準々決勝アルゼンチン戦

2006年のW杯準々決勝、アルゼンチン戦はドイツサッカー史においても極めて重要な試合になった。戦前の予想を覆す快進撃を続け優勝を目指すドイツであるが、6年間強豪国相手に未勝利である。
サッカー

どん底のイタリアに、ドイツが復活したプロセスは参考になるだろう

イタリアのW杯予選敗退は歴史的に見ればスキャンダルだが、その試合内容を見れば驚きに値しない。有能な選手が枯渇した状態は、2000年代前半のドイツと共通する部分がある。
サッカー

W杯不正誘致疑惑の渦中にある「皇帝」フランツ・ベッケンバウアー

ドイツサッカー最大のレジェンド「皇帝」フランツ・ベッケンバウアーの姿を見る事が少なくなった。これは、2006年W杯の自国開催を不正に誘致したという疑惑と大いに関係あるだろう。