CDU(キリスト教民主同盟)

政治

アルミン・ラシェット、新たなCDUの党首に選出される

ドイツの次期首相候補を占う上でも重要なCDU党首選が本日行われアルミン・ラシェットが勝利した。現職の州の首相である実績に加え、当日の演説でライバルのメルツを逆転する事に成功した。
政治

健康相イェンス・シュパーン、ドイツ首相への立候補検討を噂される

健康相シュパーンは40歳、ドイツ期待の若手政治家である。CDU党首選でラシェットが当選すれば党内ナンバー2が決定しているが、密かに下克上でドイツ首相の座を狙っているとされ物議を醸している。
政治

2021年は、メルケルの後を継ぐドイツの新たな首相が誕生する

2021年はドイツの行く末を決定する重要な年になる。なんと言っても、メルケルの後を継ぐ新たな首相が誕生しするからだ。これが誰になるかは1月15日に行われるCDUの党大会でかなり絞られる。
生活

コロナ以外で、2020年のドイツでは何が起こったのか

2020年は新型コロナ以外にに何が起こったのか。独断と偏見でCDU党首クランプカレンバウアーの辞任、ロシア政治家ナヴァルニー毒殺未遂、FCバイエルンのCL優勝とドイツ代表の危機を挙げておく。
政治

シュパーンを味方に付けたラシェット、CDU党首選で優位に立つ

次期CDU党首選への出馬が注目されていたアーミン・ラシェットだが、現在の健康相であり将来の首相候補とも目されるイェンス・シュパーンとチームを組んで出馬するという驚きの一手を繰り出してきた。
政治

史上初となるAfD市長の誕生、目前で阻まれる

AfDの牙城、ザクセン州の都市ゲルリッツで市長選が行われ、ドイツ初のAfDによる市長誕生が目前に迫った。しかし、決戦投票でLinke(左翼党)、Grüne(緑の党)、CDUが反AfDで結託しこれが阻まれた。
政治

遂に緑の党がCDU/CSU連合を抜き、支持率トップに躍り出る

SPDの党首ナーレスが辞任したことで、ガタガタである大連立政権は存続の危機に陥った。もしも再選挙になれば、遂に緑の党が支持率でトップに立った現在、ドイツで左派政権が樹立される可能性がある。
政治

アンゲラ・メルケル、ハーバード大学で渾身の演説を披露する

先日メルケルがハーバード大学で行った演説はドイツ首相としての集大成ともいえる内容だった。単なる「反トランプ」の意味以上に印象に残ったので全文を紹介する。メルケルが今後これ程の渾身の演説をする機会は無いだろう。
政治

近い将来、ドイツにも炭素税が導入されるだろう

現在のドイツは環境に良い行動をすれば高くつき、環境に悪い行動をすれば安くつくシステムになっている。多くの反対がありながらも、CO2の大幅な削減を実現する為に炭素税は確実に導入されるだろう。
政治

2018年のドイツ : 政治における国民政党の没落

2018年は現政権を担うCDU/CSU連合、SPDと言う国民政党が弱体化し、代わってGrüne、 AfDといった特定のテーマに特化した主張をする政党が大きく支持率を伸ばした。国民の政治不信は著しく増長している。