FCバイエルン・ミュンヘン

サッカー

ドイツ最強の攻撃的リベロ、マティアス・ザマー

マティアス・ザマーは無尽蔵のスタミナと驚異的なスプリント力、高い得点力を兼ね備えた90年代ドイツ最強のリベロである。サッカー史でも数少ないDFとしてのバロンドール受賞者でもある。
サッカー

2021年のブンデスリーガ、CL、ドイツ代表の展望

今季のブンデスリーガもFCバイエルンの優勝でもはや決まり、CLではドイツ勢が復権しバイエルンには連覇の期待がかかる。一方EUROに臨むドイツ代表は期待薄だが、逆に重圧が少ない事が吉と出るか。
サッカー

パリSGを破ったFCバイエルン、CLを制覇し今季3冠を達成する

コロナモードCL決勝戦、FCバイエルンはネイマール、ムバッペを擁するPSGを1-0で破り優勝した。これで国内リーグ、カップ戦の優勝を含めた3冠を達成、クラブの歴史上でも最大の成功となる。
サッカー

CL4強 : FCバイエルン、守備に不安を見せながらも決勝進出を決める

CL決勝進出に向けて圧倒的有利が囁かれるFCバイエルンだが、序盤リヨンの堅守速攻の前に苦しんだ。状況を打開したのはセルジ・ニャブリのスーパーゴールだ。
サッカー

CL8強 : FCバイエルン、FCバルセロナに歴史的大勝を飾る

コロナモードCL8強、FCバイエルンはFCバルセロナを8-2という驚愕のスコアで蹂躙し4強進出を決めた。一時代を築いたバルセロナの名手たちも高齢化が著しく、バイエルンの攻撃に対し守備が完全に崩壊した。
サッカー

ヴェルダー・ブレーメン、辛くもブンデスリーガ1部に残留する

かつてはモダンな攻撃サッカーで一時代を築いた名門ブレーメンも今季はブンデスリーガ16位と低迷した。ハイデンハイムとの入れ替え戦を辛くもアウェイゴールルールで逃げ切り、来季の1部残留を決定している。
サッカー

FCバイエルン、DFBカップを制し今季2冠を達成する

2019/2020シーズンのDFBカップの決勝戦が行われ、FCバイエルンがレヴァークーゼンに勝利して2冠を達成した。後半レヴァークーゼンは健闘したが、地力に勝るバイエルンが順当に勝利した試合と言える。
サッカー

FCバイエルンを逆転優勝に導いた、遅咲きの名監督ハンジ・フリック

一時7位にまで低迷したFCバイエルンであるが、新監督フリックの就任で復活し今季もブンデスリーガ優勝に漕ぎ着けた。就任以降24戦21勝という驚異的な勝率で逆転優勝に導いたその手腕が絶賛されている。
サッカー

シーズン最多アシストを記録した、トーマス・ミュラーの秀逸な判断力

ブンデスリーガ30節が行われ、FCバイエルンのミュラーはシーズン20アシストの新記録を樹立した。ミュラーはその得点力以外にも、ゴール前で確率の高い味方へパスをする判断力がずば抜けて優れている。
サッカー

代表を追放された最強の司令塔、エッフェンベルク

エッフェンベルクはFCバイエルンのキャプテンとしてCLを制し、チームの黄金期を築いたドイツ史上屈指の司令塔である。一方でドイツ代表としては1994年W杯で事件を起こし追放されてしまった。