SPD(社会民主党)

政治

ドイツ新首相、オラフ・ショルツとは何者か

16年間続いたアンゲラ・メルケルの時代が遂に終わり、新たな首相であるオラフ・ショルツが就任した。少し個人的な印象を記しておきたい。
政治

SPD,Grüne,FDPの新政権で、ドイツはどう変わるのか

SPD(赤)、Grüne(緑)、FDP(黄)の「信号機連立」政権の発足が間違いない情勢だが、これにより我々の生活がどのように変わるのか、今わかっているポイントだけでも把握しておきたい。
政治

ドイツ総選挙、中道左派SPDが保守CDU/CSU連合を僅かに上回る

ドイツ総選挙が行なわれ、中道左派政党であるSPDが、保守のCDU/CSU連合を僅かに上回り勝利を飾った。新たな連立政権はSPD、FDP、Grüneの3党の組み合わせになる可能性が最も高い。
経済

ドイツ、28年ぶりの高いインフレ率を記録する

先の8月は物価上昇率3,9%を記録し1993年12月に記録した4,3%に次ぐ高いインフレ率を記録した。特にエネルギー、燃料の価格は昨年の同時期に比べて劇的に上昇に転じている。
政治

突如ドイツ次期首相最有力候補になりつつあるSPDオラフ・ショルツ

総選挙まで1ヶ月を切り、現財務相で副首相でもあるSPDショルツがドイツの次期首相に近づきつつある。ここ数年劇的に低迷していたSPDの支持率がここに来て大幅に回復してきたからだ。
政治

ドイツ州議会選挙 : 更に躍進した緑の党と惨敗したCDU

バーデン・ヴュルテンベルク及びラインランド・プファルツの州議会選挙が行われ、緑の党が躍進し、国政では与党のCDUが惨敗した。9月の連邦議会選挙でも波乱を予感させる結果だったと言える。
経済

財務相オラフ・ショルツ、富裕税の導入に言及する

今回のコロナ禍においてドイツは過去に例を見ない経済的援助を国民へ施しており、このツケは必ず増税という形で帰ってくる。そこで財務相のショルツが再びぶち上げたのが、富裕税の復活である。
政治

2021年は、メルケルの後を継ぐドイツの新たな首相が誕生する

2021年はドイツの行く末を決定する重要な年になる。なんと言っても、メルケルの後を継ぐ新たな首相が誕生しするからだ。これが誰になるかは1月15日に行われるCDUの党大会でかなり絞られる。
政治

2018年のドイツ : 政治における国民政党の没落

2018年は現政権を担うCDU/CSU連合、SPDと言う国民政党が弱体化し、代わってGrüne、 AfDといった特定のテーマに特化した主張をする政党が大きく支持率を伸ばした。国民の政治不信は著しく増長している。