2018年のドイツを象徴する言葉は”Heißzeit”

今年も例によって”Das Wort des Jahres”= 「今年を象徴する言葉」がドイツ語協会によって発表された。ここ数年は難民を意味する”Flüchtilige”、事実よりも感情が優先される昨今の不安定な情勢を表す形容詞”postfaktisch”、そして昨年のCDU/CSU、Grüne、FDPの連立政権交渉の失敗を意味する”Jamaika-Aus”だった。いずれも昨今の不安定な政治情勢を表す言葉だったが、今年は天候、気候を表す造語”Heißzeit”となった。

“Heißzeit”は見ての通り、”heiß”=「熱い」と”Zeit”=「時間、時代」が組み合わさった合成語である。簡単な単語の組み合わせなので大まかな意味は直ぐに想像はつくだろう。言うまでもなく、今年の異常な暑さを表現している言葉である。しかし、この何の変哲もなさそうな造語が選ばれたのは、寧ろ”Eiszeit”=「氷河期」の対義語としての意味が大きい。”Heißzeit”=「熱帯期」とでも言えるだろうか。

この”Heißzeit”という言葉がメディアに出現したのは、今年の夏に研究者たちが地球温暖化の影響を警告した事に始まる。それによると、仮にパリ協定を順守できたとしても長期的には地球の気温は4から5度くらい上昇し、海面は10から60メートルも上昇する可能性があると言うものだ。つまり、地球は”Eiszeit”=「氷河期」ならぬ”Heißzeit”=「熱帯期」に突入すると言うものだ。

もっともこの警告、予測に関してはかなり曖昧なもので、研究者たちの間でもかなり意見が割れている。また、いたずらにパニックを煽ったり、極論で世間を分断することに批判的な論調も少なからず存在する。

しかし何れにしても、今年の夏が非常に高温、乾燥していたことで、この手の議論がかなり盛んになったのは間違いない。私の感覚から言っても、今年は11月中頃まで異常に暖かく乾燥していた。冬が来たと感じたのはつい最近の話だ。昨今ドイツで緑の党が躍進している理由の一つは、今年が巷で言われている地球温暖化の影響を肌で感じた1年だったからだろう。

語学的にも”Eiszeit”と”Heißzeit”と言う全く反対の意味の言葉ながら、一方で両者のその響きはそっくりであり、その意味でも非常に興味深い言葉の組み合わせとなった。

因みに、今回は2位以下も簡単に紹介したい。何れも現在の世相を表した興味深いものになっており、当ブログでも既に取り上げたテーマもある。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ