ギリシャとポーランド、再びドイツに第二次世界大戦の賠償金を請求する意向

今年で第二次世界大戦が終了して74年目になる。この第二次世界大戦の解釈は様々で、例えばAfDのボスであるアレクサンダー・ガウランドは「ナチスはドイツ1000年の歴史においては鳥の糞に過ぎない」と言って物議を醸した。これは論外であり、ナチスの戦争犯罪は決して風化させてはならない記憶でもあるが、現在では多くの隣国も過去を蒸し返すよりは、今後再び同じ過ちを繰り返さないようパートナー関係を強化しようというのが一般的な姿勢であろう。

過去には第一次世界大戦で敗戦したドイツに巨額の賠償金を課したヴェルサイユ条約がその後のナチス台頭の要因になったと言われているので、そういった歴史の教訓もあるだろう。

しかし、現在になってこの第二次世界大戦の損害賠償を請求する事をほぼ定期的に話題にする国が少なくとも2ヶ国存在する。それはギリシャとポーランドである。

このうちポーランドに関しては容易に想像がつく。ポーランドが再びドイツから賠償金を要求すると声高になったのは2015年にPiSという右派政党が政権についてからだ。その金額はおよそ8000憶ユーロ(およそ100兆円)である。

ポーランドはナチス・ドイツの侵略政策で最も被害を被った国のひとつである事は間違いない。ドイツがポーランドに侵攻したのは1939年であり、終戦の1945年までにおよそ600万人のポーランド人が犠牲になった。更に街や村は破壊され、とりわけワルシャワは1944年ワルシャワ蜂起の後徹底的に破壊され廃墟となった。

これに対してポーランドは戦後、東プロイセン、シレジア、ポメラニアの一部を領土とし、ここから追放されたドイツ人の多くの財産を受け取る形となった。その後ドイツも当然ポーランドの被害者に対し賠償金を支払うなどして関係修復に努めている。もっとも、その金額、形について詳しい事まではさすがに把握しきれない。いずれにせよその補償が十分かどうかは今後も議論され続けるだろう。

一方、数年前からギリシャからも賠償金を請求する声は存在する。ギリシャが賠償金の要求を声高にアピールするようになったのは、こちらも2015年以降に急進左派連合のアレクシス・チプラスが首相になって以降だ。その額はおよそ2900億ユーロ(およそ35兆円)である。

ポーランドに比べてギリシャへの侵攻はあまり日本では表沙汰にはならないが、ナチス・ドイツは1941年バルカン半島の戦いで北部ギリシャを攻撃し、間もなくギリシャの要地を支配に及んでいる。その後ギリシャでドイツ軍に対する抵抗が始まると、ドイツ軍は容赦ない残虐行為で多くのギリシャ民間人が犠牲になった。ドイツはその占領中およそ1700ものギリシャの村を破壊したとされる。