サッカー

FCバイエルン、後半戦いきなりボルシアMGに敗戦する

今年も余裕で首位を突っ走るFCバイエルンであるが、後半戦初戦でいきなりボルシアMGに敗れる波乱を許した。試合内容では凌駕するも、失点時の雑な守備が最後まで高くついた。
政治

シュタインマイヤー、2期連続の大統領の座を確実にする

2月には任期満了に伴うドイツ大統領選挙が実施されるが、フランク・ヴァルター・シュタインマイヤーの再選は決定的だ。AfD以外の各党の党首はその仕事を絶賛し早くも支持を表明した。
政治

ドイツ、原発を環境に優しい投資先とするEUに猛反発する

新たな経済環境相が緑の党のロベルト・ハベックになった事でドイツは更に反原発色が濃くなったと言える。しかしEUは原発を条件付きで環境に優しい投資先と分類した事で物議を醸している。
スポンサーリンク
政治

ヨシュア・キミッヒ、遂にコロナワクチンを接種を表明する

キミッヒのワクチン未接種問題は自身がコロナに感染した事で益々エスカレートしたが、キミッヒは遂に接種を表明し一段落がついた。ワクチンに向かわせる現在の世間の圧力は尋常ではない。
ドイツ語

2021年のドイツを象徴する言葉は“Wellenbrecher“

今年もやはりコロナ関連の言葉が踊った一年だったが、「防波堤」を意味する“Wellenbrecher“が選定された。ここでは新型コロナの波を止める政策や人を意味している。
政治

16年の長期政権を築いたアンゲラ・メルケル、遂に政界から退く

ドイツ史上2番目となる長期政権を築いたメルケルは数々の危機の中、現代でも賛否両論分かれる大きな決断を下してきた。引退後は自らの政治におけるバイオグラフィーを記す事を明らかにしている。
政治

ドイツ新首相、オラフ・ショルツとは何者か

16年間続いたアンゲラ・メルケルの時代が遂に終わり、新たな首相であるオラフ・ショルツが就任した。少し個人的な印象を記しておきたい。
生活

突如現実味を帯びてきた、新型コロナワクチン接種義務化

民主主義国なんだからワクチンの強制接種など有り得ないと誰もが思っていたが、突如として皆が強制接種はもはや不可避と考え始めた。今の流れからすれば接種の義務化は確実に来る。
政治

FCバイエルン、ワクチン未接種選手の減給措置に踏み切るか

FCバイエルンのスターであるキミッヒはワクチンの接種をこれまで拒んでいるが、これを理由にクラブから隔離期間の給料を削減される可能性がある。その金額は1週間でおよそ38,4万ユーロだ。
生活

益々厳しくなりつつある、ワクチン未接種者に対する規制

新型コロナ感染状況が急激に悪化している事を受け、ワクチン未接種者には厳しい規制が課せられつつある。強制はしないが、あらゆる方面から重圧をかけ接種に向かわせるのが目的だ。