サッカー

ミュラー、フンメルス、ボアテング、EURO2021ドイツ代表復帰なるか

来たるEURO2021に向けて5月19日にドイツ代表メンバーが発表される。ここで注目されるのが、一度代表をお払い箱となったミュラー、フンメルス、ボアテングが再び代表に復帰するかだ。
生活

ドイツ政府、ワクチン接種終了者とコロナ回復者に大幅な緩和を決定する

徹底した検査と隔離のシステムも確立され、ワクチン接種も軌道に乗り始めた。ドイツのコロナ感染者はここに来て大幅に減少し始め、5月は各地で大幅な緩和が実施される事は間違いない。
生活

遂に軌道に乗り始めた、ドイツの新型コロナワクチン接種

副作用の懸念や供給不足などでもたついていた新型コロナワクチン接種だが、既に国民の25%が1回目を終了させた。順調にいけば7月末迄に大人の希望者の全員が接種を受ける事ができる見込みである。
スポンサーリンク
サッカー

バイエルンを去る意向のフリック、ドイツ代表監督へ最有力候補となる

FCバイエルン監督のハンジ・フリックが2023年の契約満了を前にして今シーズンでチームを去る意向を伝えた。これでフリックがEURO後の新たなドイツ代表監督となる可能性がかなり高まった。
政治

ドイツ次期首相の座に大きく近づいた、アルミン・ラシェット

アルミン・ラシェットが国民から圧倒的人気を誇るマルクス・ゼーダーを退けてCDU/CSU連合の首相候補として擁立された。ドイツの次期首相が事実上決定されたと言っても過言では無いだろう。
政治

ラシェットvsゼーダー、ドイツの新首相はどちらになるか

これまで頑なに否定してきたドイツ首相への野望を遂にCSU党首マルクス・ゼーダーが表明した。CDU首相アルミン・ラシェットとどちらがドイツ新首相候補として擁立されるのか、大詰めを迎えている。
サッカー

FCバイエルン、アウェイゴールの差でCL8強で敗退する

ホームの1stレグでパリSGに2-3で敗戦したFCバイエルンは2ndレグを1-0で勝利したもののアウェイゴールの差で敗退した。この日もネイマール、ムバッペにに翻弄され、敗退は妥当な結果だろう。
サッカー

FCバイエルン、ネイマールとムバッペに翻弄されパリSGに敗北する

CL8強戦は昨季の決勝と同じパリSGが相手となった。圧倒的に攻め込み31本ものシュートを放ったバイエルンだったが、パリSGの圧倒的な個人能力の前にホームで2-3で敗れる痛い敗戦を喫した。
サッカー

ドイツ、ホームで北マケドニアに敗れる番狂わせを許す

楽勝と思われたW杯予選、北マケドニア戦でドイツはまさかの敗戦を喫した。かつてはどんなに出来が悪くとも、格下には絶対に取りこぼさない鉄板の堅実さを誇ったが、それも過去の話になった。
政治

完全に迷走するドイツのコロナ政策、メルケルが国民に謝罪する

再び急激に増加しつつある新規感染者を抑えるべくイースターを5日連続で祝日扱いにする仰天政策が発表された。これは各方面から痛烈な批判に晒され、メルケルが撤回し謝罪する事態となった。